« 長夏 2 | トップページ | どちらがいい? »

2012/09/09

走り続ける人

 K子さんは、35歳キァリァウーマンです。久しぶりにはり治療に来られました。

 からだがしんどい、疲れやすい。吐き気、頭痛、動悸、めまい、不眠、等たくさんの症状をかかえていました。K子さんの顔は、青黒く元気がありません。しかし、いつもの顔の吹き出物や便秘がきれいに治っていました。

 聞けば、半年前からマラソンを始めたとか。だんだん走る距離が伸び、今年の神戸マラソンに出場して完走を目指してがんばっているとのこと。ところが、8月末位から、思うように走ることができず上記の症状がでておもうように走れなくなりました。。これまでは、走ると肩こりが取れてスッキリしていたのに、反って気分が悪く肩が硬くなります。一緒に走っている友人達は、皆元気で走っているのに不甲斐ない気持ちでいっぱい。

 K子さんは、腎精不足と精血不足が重なっていました。スタミナを消耗しすぎて寝る元気もなくなり、血が不足して貧血気味では、仕事も趣味も両立できません。走れば走るほど悪化の一途です。生理も遅れたことが無いのに半月以上遅れていると聞き及ぶにいたり、止めなければと思いました。

 女性のアスリートは、過酷な練習のため生理がとんだままの人も多いとききます。K子さんには、吹き出物がとれ便秘がなくなり、肩こりが取れて快調の時のペースにもどしてもらうこと、ペースを上げすぎると、精も血も尽き果て、枯れて生理がとんでしまうことを伝えました。せっかく体力が付いたのにと残念がるK子さん、フルタイムの仕事をこなし走り続けたい思いは理解できますが、それをあえてセープする勇気を持ってくださいと伝えました。

 やりすぎは禁物です。

|

« 長夏 2 | トップページ | どちらがいい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/55617382

この記事へのトラックバック一覧です: 走り続ける人:

« 長夏 2 | トップページ | どちらがいい? »