« つづける意味 | トップページ | ふつうがいい »

2012/04/29

つづける意味

 「先日、気管支炎でせきが止まらなくて2-3日寝ていました。」

 Kさんは上品な年配の奥様です。一年以上毎週欠かさず針治療を受けに来られています。最近は、テニスをして膝が痛いと言われていました。いくつになってもスポーツを楽しんでいるKさんのために、針治療ととともに膝のテーピングを教えていました。

 「主婦が3日ほど寝込んだら、ご主人のご飯たいへんでしたでしょう?ご主人が何か作ってくれましたか?」

 「主人は、糖尿がすすみ目が見えません。なんとか私がご飯をつくりました。」

 初めて聞くKさんの家の話。介護に明け暮れる毎日。テニスは週一回2時間、唯一外に出て自由に過ごすことができる時間でした。膝の痛みがあっても練習に参加したいほんとうの意味は、ここにありました。そして、いつもKさんの体を見ていだいていた疑問が解けました。ひどいお血と気滞。これがなかなかとれにくかったのです。

 「思わないところで家の話をしてしまいました。毎週針治療に通っているおかげで病気をせずに介護を続けることができています。」と言っていただきました。一年以上も毎週お会いしていてその真意も知らずに治療していたことに自ら恥ました。

 Kさんはふだん気管支炎の気はなく、その週は、黄砂が中国から大量にやってきた時であったことを付け加えておきます。


|

« つづける意味 | トップページ | ふつうがいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/54590391

この記事へのトラックバック一覧です: つづける意味:

« つづける意味 | トップページ | ふつうがいい »