« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/26

幸せな子  アウシュビッツを一人で生き抜いた少年

120326_2349_2

 アウシュビッツを一人で生き抜いた少年とはどういう少年だろうと思いました。

 「 A Lucky Child 」 トーマス,バーゲンソール著 朝日新聞出版 を読みました。トミーはポーランド系ユダヤ人。アウシュビッツからザクセンハウゼン強制収容所への死の行進の後、1945年ソ連軍に解放されました。わずか10歳、日本の小学4年生の年齢です。当時、役に立たない子供たちは皆殺しされ、生き残るのは奇跡に近いことでした。トミー5歳の年、ドイツ軍のポーランド侵攻により強制収容所生活が始まりました。

 飢えと病魔、凍りつくポーランドの冬、両親との別れ、死の選抜、子供の虐殺、死の行進、そして解放にいたるまでの5年間は、筆舌しがたいものがありました。 Lucky が意味するものは、しあわせ、運がいい、要領がいいことを連想します。なんども死に直面し、常に死と隣り合わせの日々の中で、10歳に満たないトミーは、生きる、生き延びることに勘と知恵をしぼります。生命力があふれていたことも一因だっただろうと思います。たくさんのLuckyと多くの人々の手助けにより命を救われることがなんどもありました。

 多くの絶望と困難の中、強制収容所内外の大人に混じった小さいトミーは、天使と呼ばれていたといいます。絶望の中の特別な存在は、すさんだ大人たちの生きる希望になっていったのかもしれません。

 2008年現在、トーマス、バーゲンソール氏は、国際司法裁判所判事となり国際人権問題の専門家として活躍しています。悲劇の中に身を置いた彼だからこそ、この仕事に魅せられたのだと思います。法律を強化して、ナチがユダヤ人にあたえたような悲劇から人々を救いたい、彼の言葉に、彼の人生の暗部と未来の希望の両方を感じ取りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/19

アトピー性皮膚炎 10

 「E子さんの体は味がありますね。」「どういう意味ですか?」
 
 アトピー性皮膚炎のE子さんはOL.。春の花粉の時期と重なっているせいでしょうか、少し目の周りに赤みがありかゆそうでした。

 E子さんの体を地球にたとえてみます。アトピーの出ているところは熱砂漠になっていて乾燥しています。砂漠の地下には水がたまっていて流れが悪い状態です。砂漠の地表(皮膚)まで水を潤すことができません。ますます熱砂漠はひどくなる一方です。大気が汚染され温度が上昇すれば熱が移動して砂漠が広がります。」

 針では、次のように治療しています。

 砂漠に木を植えて溜まっている水を利水します。砂漠を潤す水を地表にめぐらせます。大気や地表、地下などの汚染物やごみを集めて処理場で処分します。地下(おなか)にある熱源を鎮火させて地表(皮膚)面を冷ますことができます。

 E子さんの脈をみて上記の手順で治療すると、次々に変化して最後に美しい地球なりました。味があるといったのはそういう意味でした。最後に、ストレスは、熱源に引火して症状を悪化させ、またその熱源は、からだをうごかして燃焼すれば小さくなり顔の赤みがへることを伝えました。

 熱源とは?燃えるもの、すなわち、甘いお菓子、パン、ケーキ、油脂、生クリームやナッツ類などです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/12

花粉前線到来

120312_1534


 春の日差しが少し暖かいと感じた先週、いっせいに花粉症とおぼしき患者さんが来られました。

 Hさんは、51歳のサラリーマン。37度8分の熱が1週間ほど続いて針治療に来られました。医者からもらった抗生物質は飲みきったというHさん、連日の発熱で憔悴しきっていました。

 寒気や頭痛はありますか?
 少し寒いときがあります。

 食欲はありますか?
 はい、今日のお昼はオムライスを食べてきました。

 お風呂はどうしていますか?
 毎日入っています。入るとすっとします。

 鼻詰まりや目のかゆみがありますか?
 少しあります。

 ここまで聞くと花粉のヒントがたくさんありました。ほんとうに熱が高い時には、食欲はなく、風呂に入ると悪化します。すっとすることはありません。熱も38度を超えることはあまりありません。発熱は体を消耗するので、この点は注意が必要です。

 私はHさんに、脈の状態と穴の出方、質問の答えから、花粉症による発熱と伝えました。かぜのウィルスか花粉または黄砂によるものかこの時期判定が難しくなるときもあります。カゼ引き40パーセント花粉60パーセントでカゼと花粉がミックスしていることもよくあります。

 カゼがなかなか治らない時は花粉症がでているかもしれませんね。甜茶、べにふうき茶などで症状をやわらげることができます。針治療もおすすめです。ひどい花粉症の人は抗アレルギー薬が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/05

春の予感

 立春、雨水と過ぎ、今日から暦では啓蟄(けいちつ)。

 大地が暖まり冬眠していた虫が穴から出てくることをいいます。ここのところの雨で凍りついた大地はゆるみすぎた感。

 肌の乾燥はおさまり、春の兆しに心が上向き加減の今、雨、雨、雨。散歩中の梅の花も雨にぬれていじらしく感じられました。春の予感がそう思わせるのでしょうか?

 街を歩けば、ショウウインドウはピンク色を中心に明るさを増しています。歩く人のファッションは十人十色。心なしか重いコートは少なくなっています。人によって、その時の心情によって、天候によって、体感はまちまちです。

 春らしいと感じるときは、苦味。朝晩寒いと感じる時は、とり、ねぎ、しょうがを。イライラ感が強い時は、牛肉。雨が続いて体がだるい時は、胃腸の湿気を飛ばす意味でにんにくとしょうがを隠し味で入れましょう。針治療でも、養生とおりの意味を持つ穴を配穴をしているのです。

 私は、太陽の明るさがたくさん欲しいので、寒い人仕様の日が続いています。春の予感はもうすこし先になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »