« 顔が動かない | トップページ | オレンジ色 »

2012/01/25

アスリート魂 小塚嵩彦

 フィギュアスケート男子シングルの小塚嵩彦選手のことが、NHKテレビの「アスリート魂」で放映されました。

 彼は、人を魅了する演技をするためにどうすればいいかを試行錯誤しているところでした。2011年の世界選手権で2位。優勝したパトリック.チャン選手との差は、圧倒的な表現力でした。

 正確な滑りやステップには定評がある小塚選手。どの曲で滑っても同じようにしか見えないと自己分析し、、滑りと曲に思いを伝えるためにどうすれば良いのかを考えました。自分で曲を選ぶ。滑っているイメージを演奏するアーチストに伝える。これを踏まえて、自分が体全体を使って表現する。あと一歩の鍵は、スケートを楽しんで滑っているか?というところでした。それは、作られた笑顔ではなく自然に出てくる表情でなければなりません。リンクの外でも、顔の動きを意識する日々でした。

 手ごたえはグランプリファイナルや全日本選手権の滑りに現れていました。これまでとは違い、演技中にジャッチや観客と目が合い会場のすみずみまで目が届くようになったといいます。それは、伝えたいと言う思いが観客席に届いていたということでしょう。

 今年3月の世界選手権代表に選ばれた小塚選手、人を魅了する演技に滑る楽しさを私たちに伝えてくれることでしょう。

  
 前回、顔が動かない自分のことを書きました。今回は、人に思いを伝えるために顔の表情を意識的に変えたり、鏡に向かって顔の筋肉をひっぱったりして表情を作っている小塚選手の映像が印象的で、私の意識と対極にありました。アスリートの魂はこうでなくてはと思いました。

       

|

« 顔が動かない | トップページ | オレンジ色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/53824828

この記事へのトラックバック一覧です: アスリート魂 小塚嵩彦:

« 顔が動かない | トップページ | オレンジ色 »