« 不東ふとう | トップページ | ねちがい 2 »

2011/11/07

紅玉ジャム

 紅玉ジャムを作りました。家中漂う甘酸っぱい香り。久しく忘れていた開放感、ほんのりした幸せなきもち。

 紅玉1キログラムは、皮をむいていちょう切り、なべに水100ccといっしょにやわらかくなるまで煮ます。砂糖500グラムを数回に分けて煮詰めます。りんごの触感がほしいときは、サイコロ状に切ったものを後で入れます。

 ふたつきのガラス瓶を洗って、たっぷりの湯で煮沸消毒したものを乾かしておきます。ジャムが熱いうちに瓶につめてさまして出来上がり。

 紅玉をむいた皮は、家に残っていたダージリン紅茶を使ってアップルティーにしました。

 学校から帰ってきた息子にジャムができたことを伝えました。「ジャムだけ?アップルパイじゃないの?」でジャムのは話は終わりました。

 こどもが小さい頃は、よくアップルパイを作っていました。まだ、心の余裕があのころの様にもどっていないのを感じました。秋の半日休暇は、甘酸っぱい香りの中で、さまざまなことを思い出すことになりました。

|

« 不東ふとう | トップページ | ねちがい 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅玉ジャム:

« 不東ふとう | トップページ | ねちがい 2 »