« 季節の変わり目 | トップページ | かさかさ »

2011/10/05

血が足りない

 「先生、だるくてしんどいです。朝起きられなくてそのまま朝寝をしておきてもしんどいのが変わらない。」

 H子さんは42歳の主婦。この頃、生理も3日ぐらいで終わり量も少ないとのこと。目が疲れやすく頭がフワフワすることがよくあると聞き出しました。

 この日の脈も、前回と同じ渋脈。血が足りないことをあらわしていました。朝寝をしても疲れが変わらないのは、血が足りないために体のすみずみまで酸素や栄養を送れないために起こっていると思われました。生理の後に、レバーやほーれん草、ブルーベリーなど血を作る食べ物を食べるように指導していました。

 H子さんくらいの年齢になると、だんだん生理の量が減り更年期に近い症状が出てもおかしくはありません。血を補うために、三陰交や血海、足三里、膈ゆなどの穴に針を打ちました。「足りないものが充満してきた気分です、中身が充満すると、動きたくなります、今朝は、あれだけ何もしたくなかったのに」と言って、帰っていきました。針の効果を持続させるために、漢方の先生に漢方薬の処方をしてもらうことをすすめました。

 レバーをたくさん食べ過ぎて少しあきたと聞いたからです。

|

« 季節の変わり目 | トップページ | かさかさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血が足りない:

« 季節の変わり目 | トップページ | かさかさ »