« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/28

ロシアバレエ トリプル・ビル

 残暑さめやらぬ8月24日、地主薫バレエ団公演『ロシアバレエ トリプル・ビル』を見に行きました。題名からは内容が想像できず???心構えもなく開演を待ちました。

 これまでの地主薫バレエ団公演は、白鳥の湖、クルミ割り人形、ジゼル、シンデレラ、ドンキホーテなどクラッシックバレエの全幕ものばかり。今回は、3つの時代もスタイルもイメージも異なる作品のメドレー。ロシア人の新進気鋭のコンスタンチン・セミョーノフ氏が振り付けています。彼は、モスクワ国際バレエコンクールで振り付け賞に輝いた経歴の持ち主です。

 第1部のカンマームージックでは、最後のきれのよさに息をのみました。第2部のテアトロ・ダモーレ(愛の劇場)
ではさまざまな愛の形をうっとりみつめていました。

 第3部の魔法のこばこは、夢のある子供の世界。想像力ゆたかな子供の世界は、振り付け師の独壇場。登場するのが少女、少年、乳母、おもちゃ、人形、将軍、兵隊、サーカス団、いもむし、花、鳥と名前を挙げるだけで楽しい予感。。彼らが踊る中で、それぞれが音色の一部となっている様にかんじるのは、不思議な感覚でした。歌を歌わない踊りのミューウジカル?それでいて耳もとで歌を紡いでくれているようなダンサーたちの正確でコミカル、華麗な踊り。クラッシックバレエに慣れた目にはとても新鮮に映りました。3つ目でストーリー性を持たせたことで、1部、2部の伏線が一気に開花しました。ふくらんだポップコーンが一度に次々はじけるような小気味の良い振り付けは、久しく忘れていた子供のこころを取り戻させてくれるのにそう時間はかかりませんでした。また、照明、音響、ドライアイス、シャボン玉など効果的に使い、私たちの目を十分に引きつけ、独特の夢の世界ができあがりました。

 フィナーレの瞬間、おもちゃ箱から宝石のような音の洪水が一面にあふれました。と見る間にはじけ出た誇らしげなダンサーたちの顔顔顔。セミョーノフ氏の力量もさることながら、地主薫バレエ団の新しい可能性と方向性、そして、未知の底力を見るようでした。

 
 110828_1557

「110828_1557.jpg」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/19

だるい???

 「とにかく体がだるいです」 A子さんは、35歳の大学教員です。

 私は、まず、A子さんの最近の生活を聞いてみました。夏休みにもかかわらず多忙な日々を過ごしているとのこと。食事は、そうめん、パン、マドレーヌ、お菓子、アイスクリーム、くだもの、ごはんが主。

 解決の糸口が見えました。ほとんど甘い炭水化物ばかりでまともな食事がありません。「甘いものは、体に入ると胃腸のまわりに水分を溜めそのため消化が悪くなります。体がだるいということは、胃腸がだるいしんどいと言っているのです。水分代謝が悪くなりからだもむくむようになります。ことばを変えて次のようにも言ってみました。

 人の体の細胞は、2-3日で入れ替ります。食べた食物が甘い炭水化物ばかりだと新陳代謝して入れ替わった細胞の主成分は炭水化物。、その細胞もまた水を多く含んでむくんだようになっています。」

 ここまでいうとA子さんの顔がぱっと明るくなりました。忙しい彼女に3食食事を作れとは言えませんでした。「せめて、一日1食は、バランスのとれた食事をしましょう、このままいくと完全に夏ばてになりますよ」と言い添えました。

 鍼治療は、胃腸の湿気をとばして消化をよくする公孫、衝陽、足三里などを使いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/13

リセット

 疲れやすい、体が重いのは、暑さのせい?

 ちがう・・・・からだがリセット出来ていないせいだと気づきました。15年間続けていたママさんバレーを最近やめました。

 盆と正月以外週2回の運動は、からだをリセットしてくれ、鍼治療の集中力を高めてくれていました。5月から3ヶ月以上練習をやすんでいると、太ももやふくらはぎの筋肉が落ちて張りが無くなっているのがわかりました。からだが堅くなっているのは悲しい。何度か再開しょうと試みました。練習後はとても気持ちがよくリセット出来たかなぁと思います。しかし、明くる日の鍼治療はまるっきり集中できなくなるのです。これは単なる疲労ではなく過労です。これまでになかったことでした。

 プロ失格だと思いました。練習で怪我をするのも目に見えていました。

 飛んだり跳ねたりするスポーツは卒業して、また何かさがせばいいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/03

生理不順

K子さんは,22歳の会社員.生理不順で針治療に来られました.

生理が3-4ヶ月に一度,年に3-4回来るか来ないかの頻度.小学校からシャワー生活です.お母さんがお風呂をシャワーですますのでそれに習って15年以上になるといいます.

彼女の足の裏はほてりがあって熱く,ふとももからふくらはぎにかけて冷たい汗がべたっと手にふれました.上半身は,逆気して赤いのですが,夏のこの暑さでも汗はほとんどかきません.去年の冬は,しびれるくらい寒かったそうです.寒さと熱さがからだの中で交錯していることがわかりました.

15年のシャワー生活がここまで体調を崩していることに驚きました.

シャワーは,からだのよごれを落とすことが出来ても,疲れを落とせません.更に,からだの深い部分の骨まで冷えてしまいます.ついには,女性の大切な生理をも狂わせることになります.

彼女のお母さんにお風呂にお湯をためてもらうようお願いすること,そしてこのままだと生理不順だけでなく不妊症や更年期障害は避けてとおれないことも伝えました.15年もの歳月を考えて,よもぎ湯にすることをすすめました.その上で,基礎体温をつけてもらって生理不順の針治療をやっと始めることができるのです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »