« 隔たり | トップページ | 宮古島からの手紙 »

2011/06/30

夜食

 午後10時半過ぎにバイトを終えた長男が帰ってきました。夕食はまだとの返事。

 大阪の6月にして観測史上初の猛暑日を記録した日の夜です。夜食にならないように外食するといっていましたが、さすがに毎日だとあきてしまったのでしょう。最近は、遅くなっても家に帰って食べたいようです。

 この夜は、ベトナム風フォーを作りました。米めんを湯がき、かつおだしに醤油を加えて味をつけました。冷蔵庫に残っていた青梗菜を散らし焼き豚を少しと梅干し2こ添えて。隠し味に金沢みやげの〈いしる-いかの発酵した汁〉をいれました。

 あつあつにラー油を落としてふーふーいいながら食べ終わる頃、大汗が全身からふきだしました。「おいしかったよ」の一言はうれしいですが11時を過ぎていました。すなおに喜べません。疲れて風呂にもはいれずにねてしまった彼。寝苦しい夜に、消化の良いフォーと梅干しの酸味により、ばてた胃腸を優しく整え、体をひんやりさせてくれることを期待しました。。

|

« 隔たり | トップページ | 宮古島からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/52083602

この記事へのトラックバック一覧です: 夜食:

« 隔たり | トップページ | 宮古島からの手紙 »