« 朝鮮のかわいいいれものたち展 | トップページ | GWまでは »

2011/04/13

自分の身は自分で

 「一人分はなかなか買えないなぁ」

 21歳の息子が、学校の帰りにスーパーの袋をさげて帰ってきました。明日の学校の昼のお弁当を自分で作ろうと思ったそうです。去年度までは、学校の周りのお店を一軒ずつ開拓していました。東北地方大震災と福島原発の津波による放射能漏れ事故の、連日の報道を見ての彼なりの行動でした。

 小さなたけのこ1こ、ピーマン1袋、ふぞろいに切り落とされた牛肉100グラム。これで青椒牛肉絲を作って持って行くそうです。「お母さんの夕食を作ったあとでつくるからじゃまをしないよ」と言い残して自室に入りました。
パソコンで材料と調味料をチェックして作るおかずの出来ばえはどうでしょう?

 食の安全に目覚めた彼。長い人生、自分の身は自分でをモットーに、あらゆる状況から判断して生きていくことでしょう。小学校、中学校、高等学校で習った理科、科学、物理などが判断の根拠になっているそうです。

 震災は、日本人一人一人にいろんなことを投げかけています。彼の行動も一つの方法です。人の健康に携わる鍼灸師の私は、どうでしょう?

 

|

« 朝鮮のかわいいいれものたち展 | トップページ | GWまでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/51378507

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の身は自分で:

« 朝鮮のかわいいいれものたち展 | トップページ | GWまでは »