« 東北関東大震災と針治療 | トップページ | 花粉症 2 »

2011/03/24

東北関東大震災と針灸治療 2 (すいな)

110324_1848


 東北関東大震災から2週間がたちました。地震とともに発生した津波により亡くなられた方、今なお安否不明の方々を合わせると3万人に達する勢いです。被災地には、少しづつですが援助の手が差し伸べられているとのことです。

 津波は、多くの尊い命を奪い家を押し流しました。

 針治療と一緒に行うすいな(中国の医療マッサージ)治療にも、水の特性を活かしてからだを整える方法があるのをご存知でしょうか?

 人のからだは水のかたまりです。

 すいな治療は、その水を移動させて水力発電を行います。さする、ころがす、こねる、おさえる、つまむ、たたく、振動させるなどの手技を体表にかけます。皮膚の浅いところで、さざなみがたち、池に一石を投じた波紋が広がるように、また、小さな渦を起こしたりします。からだの深いところで、筋肉や深層組織にたいして津波をおこし、大量の水を流します。中国整体で関節を動かし、つまっているもの通じさせると、水はからだの隅々までゆきわたります。細胞液やリンパ液、血液の流れは一気に速まり、新陳代謝が盛んになります。水力発電によって生まれるものは胃の気という生命力。代謝後の汚れた水は、小便となって排出されます。

 地震により津波がおこりました。すいなによりさざなみや渦、津波をおこし、弱ったからだの生命力を高めます。似て非なる水の威力には考えさせられるものがありました。被災された方々、津波の多大な被害を受けた地域に、温かく平穏な春が早くやってきますように願ってやみません。

 

 

|

« 東北関東大震災と針治療 | トップページ | 花粉症 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/51205403

この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東大震災と針灸治療 2 (すいな):

« 東北関東大震災と針治療 | トップページ | 花粉症 2 »