« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

花粉症 2

 温かい日差しに誘われて、梅田から天王寺まで8キロ以上歩きました。あっちこっち寄り道をして3時間以上かかりました。

 これまで花粉症がひどい時は、用事以外は家にいました。外出する時は、ゴーグルめがねとマスクをはずせませんでした。なぜ、8キロ以上も歩こうとしたのでしょうか?その上、めがねもマスクもはずしてまで?

 花粉症は、発症するには発症する理由があることがあるということです。その原因を自分のからだから取り去れば良いと思いました。外からは、ゴーグルめがねとマスクで花粉が入らないようにするのは一つの方法です。自分のからだの中に対しては次のことに注意しました。

 パン、クッキー、いも、栗などのどがかわくもの、お菓子などは、胃腸のまわりに水分がたまり小便がでにくくなります。むくみの原因になります。また、目のかゆみ目やに止まらない目の涙、止まらない鼻水の水分のもとでもあります。

 過剰水分を小便にどんどん出すことができれば上記の症状を緩和することができます。私は、お菓子とぱんをがまんし、小豆の塩ゆでを食べるようにしました。

 食べた物が消化せず胃腸が弱ったら、鼻詰まりがおこります。夜食と食べすぎをひかえました。花粉症に効く甜茶を症状のひどい時に飲むようにしました。

 1週間もたたないうちにゴーグルめがねとマスクをはずしてもいけるかなぁと感じるようになりました。めがねをとってマスクをはずして歩く町並みは、春の光にあふれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/24

東北関東大震災と針灸治療 2 (すいな)

110324_1848


 東北関東大震災から2週間がたちました。地震とともに発生した津波により亡くなられた方、今なお安否不明の方々を合わせると3万人に達する勢いです。被災地には、少しづつですが援助の手が差し伸べられているとのことです。

 津波は、多くの尊い命を奪い家を押し流しました。

 針治療と一緒に行うすいな(中国の医療マッサージ)治療にも、水の特性を活かしてからだを整える方法があるのをご存知でしょうか?

 人のからだは水のかたまりです。

 すいな治療は、その水を移動させて水力発電を行います。さする、ころがす、こねる、おさえる、つまむ、たたく、振動させるなどの手技を体表にかけます。皮膚の浅いところで、さざなみがたち、池に一石を投じた波紋が広がるように、また、小さな渦を起こしたりします。からだの深いところで、筋肉や深層組織にたいして津波をおこし、大量の水を流します。中国整体で関節を動かし、つまっているもの通じさせると、水はからだの隅々までゆきわたります。細胞液やリンパ液、血液の流れは一気に速まり、新陳代謝が盛んになります。水力発電によって生まれるものは胃の気という生命力。代謝後の汚れた水は、小便となって排出されます。

 地震により津波がおこりました。すいなによりさざなみや渦、津波をおこし、弱ったからだの生命力を高めます。似て非なる水の威力には考えさせられるものがありました。被災された方々、津波の多大な被害を受けた地域に、温かく平穏な春が早くやってきますように願ってやみません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/17

東北関東大震災と針治療

 3月11日に東北関東大震災が発生ました。震災と津波によって亡くなられた方々にはお悔やみとご冥福を、被災した皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 患者さんが来られました。
 
 初めに病気の原因がどこにあるのか?現場の特定を気口九道脈診法で判断します。

 現場に対して、経絡(たてとよこの道)を疎通(整える)します。渋滞がなくなれば現場に電気エネルギーが流れます。たてよこから中心の道をつなげるために、最適な穴(つぼ)に針を刺します。

 すべての道が通じれば、心臓に新鮮な血液が流れるようになります。

 体にすくない電気エネルギーしかない場合には、優先順位を決めて効率よく分配する必要があります。また、身体が弱っている人には、少ない刺激で補うように、また、急な腰痛には、思いきって強刺激で痛みをとめます。

 いずれにしても、痛んでいる現場だけに針治療をすることではありません。

 針治療は何か大震災の復興支援活動に似ていると思いませんか?
 
 大震災を人の病気に置き換えて針治療をするとすれば、一本の針、穴一つ無駄な治療はできません。罹災された方々に一日も早い支援の手が及びますように願ってやみません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/10

花粉症

110310_1253


 今日の花粉情報、大阪、非常に多い。スギ花粉の飛散量が最盛期。去年の10倍。

 目のかゆみ、鼻水、鼻詰まり、頭痛、のど痛。春の光に誘われて外出して帰ってきたら、目と鼻がぐしゅぐしゅして崩れたーということもあるかもしれません。

 花粉症対策グッツを買いそろえました。ゴーグルめがね、マスク(1枚約5000円)、空気清浄機、べにふうき茶、甜茶、ヨーグルト等。抗アレルギー剤もそろえましたがこれは使わないつもりです。

 針治療も花粉症には有効です。免疫過剰反応をやんわり修正することができます。

 食事は軽め。特に鼻詰まりがきつい時にはひかえめに。パンやクッキー等の喉が渇くものを食べると、目、鼻、喉の粘膜が腫れて症状を悪化させます。

 花粉に黄砂が混じったら、もっとすごい、黄砂は花粉の20分の1の大きさです。マスクの網目を余程細かくしないと役に立ちません。

 時候が良くなるのと反比例してだんだん憂鬱になる花粉症。針治療を含め色んな方法をためしてみてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/03/03

シャワー

110303_2111


 「あの大阪で雪の降った日もシャワーだったの?」「はい」

 31歳のOさんは、左首の寝違いで来院してこられました。彼は美容師。仕事が忙しく食事も不規則です。夜のお風呂はシャワーです。1週間前に首が痛くなり、もう治るだろうと思っていたら、痛みがよけいにひどくなって、前後左右動かなくなったそうです。

肩を観察すると、左首から肩にかけて岩のように盛り上がり、首を動かすたびに顔をしかめます。私は、Oさんの夜食とシャワー生活に注目しました。夜食は、食べたものが消化せず胃に溜まり、左肩にその影響があらわれます。風呂に入らずシャワーですませると、全身が冷え、とくに背中には冷えのベールが常駐することになります。

 右曲池、曲骨、左衝陽、左公孫、左臨泣、風府に針をしました。岩のような肩が、半時間の間にみるみる小さくなり、同時に首がスムーズに動くようになりました。寝違いが、夜食とシャワーが原因と聞いたOさん、思わぬ展開に考えこんでいるようでした。

 Oさんには、夕方に軽食を食べ、遅い夕食には消化の良いものを少し食べる。なるべく、湯船につかる事を伝えました。

 シャワーは、汚れは取れるけれど疲れは取れません。身体は冷える一方です。朝風呂や朝シャワーはこれに加え湯冷めと逆気が体調を大きく崩す原因になります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »