« 深夜特急 | トップページ | シャワー »

2011/02/23

モチュベーション フィギュアスケート高橋大輔

110223_1318_2


 先日台北で行われたフィギュア四大陸選手権、男子シングルで高橋大輔選手が優勝しました。注目の4回転ジャンプは尻もちをついたものの、その後の演技は観衆をひきつけるには十分な内容でした。

 彼は、一昨年膝の大手術後、脅威のリハビリを行いカムバックをはたしました。バンクーバー五輪で銅メダル獲得。情感あふれる演技を記憶している人も多いと思います。そんな彼は、五輪後引退しようと考えていました。競技生活を続ける資金や肉体維持、なによりモチュベーションが下がったことなどがありました。ソチ五輪までの道のりは、はるか遠くに感じたことでしょう。

 この間、彼は、世界的バレエダンサー熊川達也さんに相談に行きました。

 モチュベーションを上げ続けるにはどうすればいいのか?

 おなじように膝の手術を克服し、第一線で活躍している熊川さんと話をすることで、自分から結論を出したようです。今季グランプリファイナル4位、全日本選手権3位と安定を欠いた後、今回の4大陸選手権は堂々の結論でした。それは、勝つことは、守るのではなく、自信をもって滑る。限界は自分で作っているもので、自分を超える。モチュベーションがなければ自分を追い詰める。

 高橋選手のモチュベーションを上げ続ける事、わたしはどうだろうと考えました。

 時には波にのり、時には逃げ出したくなる。個人競技に似て、これでいいと思うと進歩は止まり、上を目指したいと思うと進んでいるのかわからない。一年前と比べて少し進歩したかなぁ。患者さんの生命力(胃の気)をどう増やしたらいいのか?が焦点になります。この一点のために、毎日針治療をしています。

 高橋大輔選手の、3月東京で行われる世界選手権の活躍を見守りたいと思います。

|

« 深夜特急 | トップページ | シャワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/50948839

この記事へのトラックバック一覧です: モチュベーション フィギュアスケート高橋大輔:

« 深夜特急 | トップページ | シャワー »