« 餃子 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

2011/01/12

住環境

 「正月に妻の実家に泊りに行ったら、ぜんそくの発作がでてしんどかった。窓側に寝てすきま風が吹いて寒かった。自宅に帰ると良くなった。」

 サラリーマンのOさんは、ぜんそくとアトピー性皮膚炎で針治療に来られています。正月からぜんそく発作が出てしまったのは残念でした。

 1月11日付け朝日新聞朝刊、生活面に「高断熱の家ほどぜんそくなどを改善」という記事が載っていました。住宅の断熱グレードにより喘息やアトピーの改善率がちがうというアンケート結果がでたそうです。寝室の窓サッシの材質とガラスの枚数をもとに断熱効果を測ります。この結果は住環境の重要さを如実に物語っています。

 Oさんの自宅はおそらく高断熱の家なのでしょう。すきま風に吹かれてのお正月は最悪でした。住環境は、ぜんそくやアトピーだけでなく風邪ひき原因の一つにもなり健康におよぼす影響が大きいと思います。
  
 寒の入りを過ぎ一年で一番寒い季節となりました。2月4日の立春まで20日あまり。身のまわりを見渡して暖かく心地よく過ごすことができるようにしたいものです。

|

« 餃子 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »

コメント

アトピーは全てではないものの、ダニからくるものだったりぜんそくは住環境だったりと、意外と病気は住居環境を整えるだけで治るものも多いのですね。

投稿: のり | 2011/01/13 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/50566295

この記事へのトラックバック一覧です: 住環境:

» ステロイドに頼らないアトピー性皮膚炎の治療法 [アトピー性皮膚炎改善法7つの鍵]
海外からも注目の独自の薬も使わずアトピー改善へと導く改善法をお教えします。 [続きを読む]

受信: 2011/01/14 22:02

« 餃子 | トップページ | 寒中お見舞い申し上げます »