« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | 汗をかいてはいけない? »

2011/01/29

金沢 雪 雪 雪

110125_1547


 低くたれこめた灰色の雲、雪が降りつづく、湿った雪は道に吸い込まれて消える。車の通る道路と人が歩く歩道だけが、ぬかるみ、両脇に雪がうずたかく積まれている。

 北陸金沢に行ってきました。はじめての冬の金沢。トンネルを抜けても抜けても銀世界。決まって灰色の雪模様。

 寒いのは言うまでも無いのですが、靴の底から寒さはやって来ました。大阪では一度も感じたことのないしびれるような冷えが足に伝わりました。雪を踏んでいるのですから当たり前かもしれません。上下の服は完全防備。足元はうかつでした。しかたがないので、新聞紙を何枚も折り込んで靴底に入れると冷えは止まりました。紙パルプの力はすごい。

 兼六園、金沢城、21世紀美術館、伝統産業工芸館、近江町市場と歩き回り、能登輪島方面までバスで足を伸ばしました。奥能登は吹雪で視界不良。灰色一色。

 雪は大寒。季節も大寒。冷えしびれている私。越前カニや海鮮ものはとても冷える食材なのでディナーには不向き。うすあじのおでんやトリ雑炊、焼きものなどを選んで食べました。

 サンダーバードで大阪駅に下りた時、靴底の新聞紙を取り出しました。雪が無い生活のありがたさをあらためて思いました。

|

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | 汗をかいてはいけない? »

コメント

寒中お見舞い申し上げます。
 金沢に行かれたんですね。本当に寒かったと思います。靴の新聞紙・・・何かのときマネさせていただきます。
 ところで、雪景色と透明な空気は最高だったのではないでしょうか? 私は山陰に来て実感しております。それから、兼六園に行かれたと聞き、足立美術館を思い出たので、近々行きたいと思いました。ありがとうございました。

投稿: 今岡 | 2011/02/01 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/50716121

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢 雪 雪 雪:

« 寒中お見舞い申し上げます | トップページ | 汗をかいてはいけない? »