« ドン・キホーテ | トップページ | アトピー性皮膚炎 9 »

2010/11/24

思いっきり泣きました。安藤美姫逆転V

101122_0820_2


 背中があいたコスチューム。腰には痛々しいテーピング。3回転ジャンプがふわりと宙を舞う。速さに精彩を欠くも大輪の花がひらいたような出だしでした。

 フイギュアスケート ロシア杯 グランプリシリーズ第5戦女子フリーの安藤美姫選手は、前日のショートプログラム5位と出遅れていました。安藤好調との前評判の中、モスクワ入り後の練習中、腰の肉離れという突然のアクシデント。プログラムを滑りきるのも危ぶまれる程怪我は深刻だったそうです。

 フリー本番前、控え室の化粧台の前で悔しさのあまり「思いっきり泣きました」という彼女。痛み止めを打ちながらのSPの成績は不本意に終わり、精神状態が怒りと不安と悲しみのピークだったはずです。泣くという肺の悲哀がアクシデントで怪我を負わされた肝の怒りに打ち勝つことができたのだと思います。

 また、怒りのまま本番をむかえたとしたら、痛みに増して筋肉が硬くなり、彼女の持ち味であるフリーの演技ができなかっただろうと思います。痛みのためにジャンプの難度が落ちましたが、結果的に適度に力が抜けて、ジャンプの安藤美姫だけでなく演技の安藤にも高い評価が得られました。。

 演技終了後、腰を押さえてリンクから上がる姿がテレビに映りました。苦痛に歪んだ顔が怪我の深刻さを物語っていました。スピンやスパイラル、定評のある変化に富むステップ、どれをとっても腰に激痛が走ったことでしょう。スケーターとしての成長ぶりは、演技力精神力ともに目を見張るものがありました。

 12月に行われるグランプリファイナル北京での活躍に期待したいです。

|

« ドン・キホーテ | トップページ | アトピー性皮膚炎 9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/50118274

この記事へのトラックバック一覧です: 思いっきり泣きました。安藤美姫逆転V:

« ドン・キホーテ | トップページ | アトピー性皮膚炎 9 »