« 2010日本シリーズ第4戦  | トップページ | ドン・キホーテ »

2010/11/11

本物の一枚 モネ 睡蓮

101111_1250


 「地中の宝石箱」の中でモネの睡蓮を見つけました。本物の一枚に出会えました。

 過ぎ行く秋の一日、京都アサヒビール大山崎山荘美術館に行きました。木津、宇治、桂の三川が合流する地に建つこの美術館は、テラスからは壮大な風景が広がります。

 「地中の宝石箱」は、現代建築界の鬼才安藤忠雄氏の設計による地下新館の別名。ヨーロッパ風の重厚な作りの本館に対し山の傾斜を利用した新館には、モネの睡蓮が三点。

 池に浮かぶ睡蓮と水面に映る風景から、晩年のモネの自宅の庭の風景を想像する。池の周囲を自由に逍遥するような不思議な感じに心が躍りました。本物の醍醐味でした。

 本館の庭の池には睡蓮が白い花をつけて咲いていました。本物の一枚を見た後のこのシーン。こころにくい演出です。渇いた心にじんわり染みわたり、自由な時間がゆっくり過ぎていきました。
 

|

« 2010日本シリーズ第4戦  | トップページ | ドン・キホーテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本物の一枚 モネ 睡蓮:

« 2010日本シリーズ第4戦  | トップページ | ドン・キホーテ »