« 秋?秋?秋? | トップページ | 本物の一枚 モネ 睡蓮 »

2010/11/04

2010日本シリーズ第4戦 

 「あっー」 

 中日の先発、山本昌投手のロッテ西岡への初球は、大きくすっぽ抜け捕手の頭上を越える大暴投になりました。2010年日本シリーズ第4戦は、11月3日千葉マリンスタジアムで行われ、中日が4-3で7年ぶりの延長戦の末ロッテにせり勝ちました。

 山本投手のピッチングは申し分なく3回に悪夢がおきました。テレビを見ていて気になる動作が一つ。彼は、球を投げる前にしきりに手指に息を吹きかけていました。あれ?寒いのか?と思いました。11月初旬の夜のマリンスタジアム。多くの観客は長袖コート姿。選手たちの長袖アンダーシャツにユニホームが多い中に、彼は半袖のユニホーム姿でした。半そでのアンダーシャツを着用しているにしても夜風の中、手指の方までの保温ができていなかったのかもしれません。その上に日本シリーズ先発の重圧。大歓声の中のピッチング。45歳のベテランに落とし穴がありました。寒さと緊張は、逆気して手足が冷たくなります。指の感覚が寒さでしびれてにぶると、コントロールは乱れ、球はあらぬ方向へ。この後、西岡に二塁打、井口に2ランを打たれ54球で降板。

 幸い、延長11回、中日のルーキー大島が、2死二塁で決勝の三塁打を放ち接戦に終止符をうちました。シリーズ最年長登板の彼は初白星を飾る事が出来ませんでした。

 昨夜の試合の興奮冷めやらぬ今夜、シリーズ第5戦。全国放送はありません。スポンサーがつかなかったそうです。残念・・・・・・・。

|

« 秋?秋?秋? | トップページ | 本物の一枚 モネ 睡蓮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/49933793

この記事へのトラックバック一覧です: 2010日本シリーズ第4戦 :

« 秋?秋?秋? | トップページ | 本物の一枚 モネ 睡蓮 »