« 滋雨 | トップページ | 沖縄は晴れ »

2010/09/23

代替医療のトリック

100923_1504

 科学はいかにして鍼の真実を判定するのでしょうか?

 「代替医療のトリック」 サイモン.シン& エツァート.エルンスト著 新潮社 を読みました。

 科学的根拠にもとづいて代替医療の真実を明らかにしなければならないと著者はいいます。方法は厳密な検証をする必要があり二重盲検法という方法にたどりつきました。患者を同条件において、鍼による治療群と受けない対照群をランダムに割り当てます。鍼を受けない対照群には、鍼と見せかけてつぼをはずして打ったり、鍼先が出ない道具を使ったりします。鍼によるプラシボー効果を避けるためです。プラシボー効果とは、鍼を受けたことにより心理的に効果が得られたとするものです。

 結果はどうだったのでしょうか?

 2003年のWHOの報告書では、91の症状に治療効果があるとされました。しかし著者は、報告書に虚偽誇張があり事実と異なる結果となっていると反論しました。鍼の有効性は、臨床試験から得られた科学的根拠により支持されないと。

 私は、毎日効果のない針治療をしているのでしょうか?

 サイモン.シン氏は、素粒子物理学の博士号を取得したイギリス人ライター、エツァート.エルンスト氏は代替医療分野のドイツ人研究者です。彼らは医師ではありません。人の身体と病気は千差万別で同一条件において臨床試験をおこなうのは無理があります。気や経絡を未科学と片付けることも承服できません。

 彼らは、代替医療すなわち、鍼、ホメオパシー、カイロプラクティック、アロマテラピー、スピリチュアルヒーリング、リフレクソロジー等は、プラシボー効果以上のものは期待できないと結論づけています。これを受けてか、この程日本医師会がホメオパシーは効果が無いと発表したこと記憶に新しいと思います。

 
 しかしながら代替医療がこれほど盛んになるということは、医学が多くの人を治せていないからということではないでしょうか?


 


|

« 滋雨 | トップページ | 沖縄は晴れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/49537602

この記事へのトラックバック一覧です: 代替医療のトリック:

« 滋雨 | トップページ | 沖縄は晴れ »