« 古代メキシコ・オルメカ文明展 | トップページ | 滋雨 »

2010/09/09

至宝の仏像

 100909_1632_2


炎天下の中、奈良国立博物館へ行きました。朝から憂鬱。一日暑い家に居るよりは思いきってと、JR大和路快速に飛び乗りました。

 なら仏像館開幕記念特別展「至宝の仏像」。

 JR奈良駅から奈良公園までの長い道のり、猿沢の池を過ぎ興福寺を横目にゆうに30分以上ゆっくり歩きました。道すがらに鹿が遊び、緑の木々の木陰を選んで歩いても、HOT、HOT。

 館内は程よい照明と空調で、外界の猛暑と喧騒を忘れさせてくれました。飛鳥時代から鎌倉時代にかけて制作された名品の仏像たちが静かに鎮座。阿弥陀如来像と心の対話をしてみました。目を見て話をしました。自分の中の憂鬱が流れ出ていきました。

 今日ここに来てよかった。

 帰りもまた30分以上の徒歩。しっかり歩いたので胃腸が動き出し顔の表情筋がスムーズになりました。なめらかな口の動き、笑える顔。結果的に、気分転換の強制執行みたいなことになりました。

 


|

« 古代メキシコ・オルメカ文明展 | トップページ | 滋雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 至宝の仏像:

« 古代メキシコ・オルメカ文明展 | トップページ | 滋雨 »