« ぜんそくは人生の武器になる 2 | トップページ | 春の寒暖 2 »

2010/04/15

春の寒暖

 暖かい日に咲き始めた桜は、2週間以上楽しめました。

 3月の大阪の天候は、前半は気温が高くなり雨の日が続きました。中旬以降寒暖の差が激しく一日の最高気温が20度を上回る日があるかとおもえば10度前後に落ち込む日もありました。4月に入ってもこの状態は続いています。

 桜はこの天候により長持ちしました。しかし、路地ものの野菜が生育不足により高騰しています。体調を崩す人が増えています。木の芽時は体調が悪いというのはこのことを言っているのでしょう。

 芽が出た野菜が寒さや風で立ち枯れたり生育不足になるのを防ぐように、人の体も季節にあわせた治療をしなければなりません。芽(脈)がやわらかい時は、苦味をとって体を締めなければなりません。寒風が吹くと寒邪が入って腰痛が起きるのを防ぎます。。芽が滑の時には、酸味をとって胃腸をまもらなくてはなりません。風邪で節々が痛むのを防ぎます。

 私は、春の寒暖差を天気予報で知り、針治療に役立てています。

|

« ぜんそくは人生の武器になる 2 | トップページ | 春の寒暖 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の寒暖:

« ぜんそくは人生の武器になる 2 | トップページ | 春の寒暖 2 »