« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/31

ぜんんそくは人生の武器になる

 氷上の一点を見つめる。「Ready? Go」 ロケットスタートの異名をとるスピードスケートの清水宏保さんのスタート風景。疾風のごとくリンクを駆けぬける。長野オリンピック500メートル金メダル。1000メートル銅メダル、ソルトレイクシティオリンピック500メートル銀メダル。

 3月30日付朝日新聞夕刊、清水宏保の「ロケットトーク」を読みました。

 清水さんは3歳から小児ぜんそくで苦しみました。身体を強くするためにスケートを始め、薬との併用でぜんそくと向き合いました。その後の活躍は4回のオリンピックの出場でご存知のとうり。彼は「ぜんんそくは人生の武器になる」といい、それを自分の体で証明してきました。常に心肺に意識がいく分、人より繊細に自分の体と向き合うことができるといいます。肺も心臓も筋肉、「強くなれ」と意識しながらトレーニングすることがぜんそくの人には重要だそうです。彼の試合寸前の太ももの周りの長さは、60センチ以上にもなります。これがロケットスタートの原動力です。

「植物を育てるようにゆっくり(肺や心臓の筋肉を)育てればいい」
 
 ぜんそくを筋肉の弱さと考えるところはスポーツマンの清水さんらしいところです。苦しい呼吸の中絶望の淵から勝ち得た数々の栄光。その言葉はずっしりと胸に響きました。彼のぜんそくとの戦いはいまも続いています。

 可能なら、針治療もぜんそくにはとても効果があることをお伝えしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/03/25

黄砂飛来

 ラジオで大阪の視界が3メートルと言う声が聞こえました。???何の事かわかりません。外出して初めてそれが黄砂のことだとわかりました。

 晴れているはずなのに空の色がどんより黄色がかり薄汚れたように見える町並み。はるばる中国大陸から飛来してきた黄砂は、春の風物詩と親しまれている春霞のこと。このたびは度が過ぎて飛行機の発着にも影響してしまったようです。

 黄砂に花粉が混じった花粉症が急増しています。頭痛、鼻水、喉痛、目の痒み、耳の不調、発熱などを訴えて来院されます。風邪とちがってお風呂に入っても悪化しません。針治療でもずいぶん改善することができます。風邪の治療と春に盛んになる肝の火を抑えることの二点を同時に行います。クッキーやパンなどの甘いものを食べ過ぎると鼻や目、喉の粘膜が腫れて症状を悪化させます。甜茶を飲むと症状を緩和することができます。

 桜の開花宣言が各地で出されています。憂鬱な春になる前におからだのお手入れをしてみてはいかがでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/11

tu na mi 津波 2

 「チリの大地震による津波の非難状況は、実際に避難した人が7%だった」と気象会社ウェザーニュースが伝えています。「いつもたいしたことないから避難しなかった」と言う人も多かったそうです。

 人の体に針を刺して地震と津波を起こしている針治l療は前回書きました。

 今回はスイナ治療についてです。スイナ治療は中国の医療マッサージのことです。中国歴代の皇帝や皇后たちは、針治療とスイナをあわせて病気になるのを予防していました。

 体の皮膚表面を毛細血管、リンパ循環の深さ、肌肉、筋肉、骨の5つの深さに分けます。それぞれの深さに合わせて手技をおこないます。毛細血管やリンパ循環レベルに浅い津波を起こすと毛細血管やリンパの流れが良くなります。、肌肉に揺法やこん法で津波をおこすと血液循環を良くしてこりをとります。筋肉の深さに揉法を加えると痛みが緩和されます。骨位あたりの深い位置にな法という地震を起こすと内臓の腸胃の活性化を促します。

 実際の治療になると、津波は一方向だけではなく縦横無尽にゆきわたり胃腸だけではなく、各内臓にまで到達。打ち寄せた津波は混ざり合いながら細胞の活性化と新陳代謝を盛んにします。とく小便が良く出て老廃物を体外に排出します。

 地球規模の地震と津波。人の体に置き換えて針治療やスイナ治療をする。一見全く関係が無いかに見える二つのことの共通性を見出すことができて参考になりました。被災されたチリの人々の一日も早い復興を願ってやみません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/04

tu na mi 津波

 南米チリで大地震が起きて一週間。地震の被害に加えて津波の被害が連日報道されています。

 チリから太平洋をはさんで遠く日本にも津波が到達しました。チリ地震が身近に感じました。

 地球規模で起きる地震と津波を人間の体に置き換えてみましょう。人間の体は80%水でできています。足の三里という胃腸に効くツボに針をすると、胃腸がグルグルっと鳴ります。三里から胃腸までは距離にして1メートル足らず。地球規模のチリと日本の距離みたいなものかもしれません。私は三里に何をしたのでしょう?1センチほど刺しいれ、気を得るために地震と津波をおこしました。津波は波動となって胃腸に到達します。そして、胃腸にまつわるルートをたてに横に縦横無尽ひろがります。

 テレビで今回の津波の地球規模のシュミレーション映像を何度もみました。弓なりの日本だけではなく北半球南半球の沿岸地域にまで到達し、チリの保養地ディチャットは地震より津波の被害が甚大でした。速やかな復興を願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »