« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/25

子犬がきた 3 生理

 我が家の子犬「もん」は9ヶ月。先日生理になりました。これで小学6年生ぐらいの少女になりました。

 普段あまり泣かないもんが、突然「ウー」とほえることが何度もあっておかしいなぁと思っていたところでした。

 初潮は人間の女の子にとっても犬の女の子にとってもからだに劇的な変化をもたらします。精神的にもナーバスで不安定になります。肝のいらいら、脾のだるさや異常な食欲、肺の感情の起伏、腎の恐れや不眠など時により異なります。もんの体の変化としてお乳が凸て、陰部が膨れて薄い出血があります。子犬の頃の落ち着きの無い性格が穏やかになったように思います。犬の生理は年2回ぐらい。2-3回生理のあと妊娠が可能になります。

 子供から少女へ。体の変化にとまどうばかりのこの時期。中3の娘にもうすぐ追いつき追い越すばかり。顔つきも気のせいか大人になりました。十数年生きる犬のつかの間の春。私たち家族は、もんと充実した時間を過ごしたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/18

受験前夜

 「ぜんぜん寝られへん」 夜中0時を過ぎて中3の娘が言いました。明後日は、高校の入学試験の日。緊張のあまり寝れないようです。

 その兆候は一週間前からあったのを見逃していました。食欲が無い。ちょっとしたことでいらだつ。声がうわずる。夜寝るのが遅すぎた。気分転換にパソコンに向かっているとちがう緊張感が気分をおちつかせると言う変な悪循環。さすがに2日前には自分の体は騙せなくなったようです。

 らんらんと輝いた目。言葉が異常にハイテンション。もちろん足冷。舌診は、心と肝のあたりが紅ぎみで苔なし。のどが渇く。これは、心の火、肝の火が燃えている状態です。脈は速くて力あり。私は、彼女のベットの中でゆっくり話しをしながらスイナ(中国の医療マッサージ)をしてあげました。カチカチのせなかは緩むように。、冷たい足は、暖かくなるように。興奮しているので、顔面のリラックススイナ。体中の緊張には足の親指をゆっくりもみました。途中で部屋の電気を消して真っ暗にして続けました。1時間たつ頃、やっと寝息が聞こえてきました。

 あくる日の夜も大変な緊張でした。彼女の親友は、40度の熱を出していると聞きました。消化の良い夕食と早めの入浴。昨夜と同じスイナマッサージ。心ゆのツボに皮内針をして試験本番までリラックス効果が出るようにしました。

 当日 「試験書けたよ」 と言う言葉に私の疲れも吹っ飛びました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

鳩山首相生姜湯でのどをいたわる

 内閣不支持率45%と報道される民主党の鳩山首相、連日の国会での答弁でお疲れのご様子。マイクを通しての声が時々うわずっていることがありました。

 1月29日付け朝日新聞に、「国会答弁を終えた鳩山首相は官邸に帰って生姜湯でのどをいたわった。」と書いてありました。

 生姜の性質は辛温。発汗して寒さを追い出し、痰がきれやすくなり、消化機能を高めます。乾姜は、お腹を暖め冷えを取り除きます。針の穴では合谷にあたります。浅めに補すと風邪のひき始めに効き、浅めにしゃすと頭痛や寒気のある風邪に効果があります。生姜湯でのどをいたわった鳩山首相の場合は、合谷を少し深めに刺すことです。鼻からの呼吸を楽にさせて腹の底から大きな声が出るようになります。生姜湯は声を出す仕事をしている人には必需品かもしれません。但し、のどが腫れて痛んでいるときはいけません。

 妊婦さんには、生姜は要注意。合谷が妊婦に禁忌であるのと共通しています。冷え症に生姜の効用がよくいわれますが妊娠しているかどうかを確認しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »