« 冷え症男子が急増 | トップページ | 鳩山首相生姜湯でのどをいたわる »

2010/01/31

子犬がきた 2 喘息

 「グファッ グファッ グファッ」苦しそうな音?久しぶりにお風呂にいれてもらった子犬の「もん」が苦しそうな声をあげました。

 子犬のもんは8ヶ月になりました。人間でいうと10歳くらいです。これまででもこんな声をあげた事はありましたが、今回は長い。お風呂で冷えたかな?たてつづけに2回の失禁。

 「ヨークシャテリアは喘息が多い」と娘がすかさずネットで調べてくれました。「喘息?」小児喘息ならぬ小犬喘息かもしれません。

 うずくまるもんにお父さんは背中をさすりながら優しい言葉をかけています。もんの内股の脈を診ると渋い脈が触れました。人間で言うと肺に問題がある脈でした。小児喘息を治療するように肺輸穴あたりの硬いほうに針治療をしました。

 しばらくは散歩は昼間にする。散歩の際服を着せる。夜風にあたらない。えさに耳かき一杯くらいの麻黄湯(風邪薬)を混ぜる。えさをあたえすぎない。

 子供も子犬も養生は同じだろうと思います。家族全員でもんの喘息を見守っていくつもりです。

|

« 冷え症男子が急増 | トップページ | 鳩山首相生姜湯でのどをいたわる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/47438528

この記事へのトラックバック一覧です: 子犬がきた 2 喘息:

« 冷え症男子が急増 | トップページ | 鳩山首相生姜湯でのどをいたわる »