« 養生のバイオリズム | トップページ | 子犬がきた 2 喘息 »

2010/01/28

冷え症男子が急増

 「冷え症男子が急増」 1月8日のテレビ[ニュースアンカー]のタイトルです。冷え症は女性の専売特許かと思っていましたが、「男性6割が冷えを感じる」という検査結果が報道されていました。

 一年で一番寒い寒中、厳しい寒さに冷え症にどう立ち向かえばいいでしょうか?

 東洋医学では手、足、手足、腹、腰と体の冷える場所によって冷え症を分ける方法があります。 

 手が冷える  風邪をひきそうで体が弱っている
 足が冷える  肩こりや眼精疲労、身体に陽気が足らない、足腰だるい
 手足が冷える 身体に陽気が足らない、食べても消化しにくい
 下腹が冷える 腹に寒い邪がある
 腰が冷える  お血がある

以上の冷え症には鍼灸がとても効果があります。

 自分でできる冷え症対策としては、冷えを感じたら、夜お風呂にゆっくりつかる。よもぎの浴用剤が効果的。朝風呂や朝シャワー、夜のシャワーだけはいけません。半身浴、足湯も効果があります。鶏、ねぎ、しょうがを使った鶏鍋、鶏スープのおでん、鴨ねぎ、鶏のからあげなどは身体を温めます。体に陽気が足らない人は、春夏秋の季節によく太陽にあたりましょう。簡単な運動も陽気が高まります。腰や下腹が冷える人は、一度鍼灸治療をおすすめします。

 ユニクロのヒートテックが若者の間で人気です。寒さ対策の必須アイテムですが、冷えを感じる人は上記の養生をあわせてお試しください。

|

« 養生のバイオリズム | トップページ | 子犬がきた 2 喘息 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷え症男子が急増:

« 養生のバイオリズム | トップページ | 子犬がきた 2 喘息 »