« 阿修羅 天平の美少年 | トップページ | 子供の暴力行為がとまらない »

2009/11/18

おなかの冬じたく

 朝から陽がささない。どんよりとした曇り空。洗濯物のかわきが悪い。ふとんが干せない。

 秋分の日からこちら、どんどん日が短くなる。照りつける太陽があったことさえ忘れてしまった。こんな気持ちが後ろ向きの日はおなかの冬じたく。冬服と冬布団の用意はすでに終えている。

 鶏肉屋で地鶏の鶏がらを二つ買う。一個100円。深鍋に水、輪切りにした生姜、叩き潰したにんにく、ねぎ、あればセロリの葉、冷蔵庫の中のくず野菜、みりんかお酒少々いれてことこと煮る。スープがにごるので沸騰させない。3-4時間。はじめの沸騰するときにあくを取っておく。

午後はゆっくり過ぎて台所中鳥スープの香り。鼻からいじけた寒さが抜けていく。スープを味見すれば、お腹の中はやさしく温もった気がした。

 おなかの冬じたく準備OK。

|

« 阿修羅 天平の美少年 | トップページ | 子供の暴力行為がとまらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おなかの冬じたく:

« 阿修羅 天平の美少年 | トップページ | 子供の暴力行為がとまらない »