« the Nut Cracker くるみ割り人形 | トップページ | 砂の城  »

2009/10/14

だまし絵

 展示室から出た瞬間、のどの奥からき水がこみ上げてきました。私の後ろの方でも若い男の子が「吐きそうや...」とつぶやいていました。

 神戸の兵庫県立美術館に「だまし絵」を見に行きました。元町の中華街で昼食をとった後、JR灘駅にある美術館までの海岸通りをゆっくり歩きました。

だまし絵の世界は一種独特です。絵の中の絵をみている、海の生物を使って描かれた肖像画、あり得ない構造の建物、左右見る側によって異なる絵、絵の中に隠された作者のトリックを見破れるかどうか?

 トリックの意図が分かりにくい作品の前には人々の群れ。それを解き明かそうと真剣な顔。目を凝らす。遠近、左右、上下そして全てを注意深く意識を集中させる。

 頭痛と吐き気はしばらく続きました。目の酷使、遠近左右上下の意識の集中しすぎによる三半規管の狂いが吐き気を呼びました。東洋医学で言う肝実状態です。休憩用のソファーには疲れた人が目立ちました。一日中パソコンを使っている人に起こりやすい吐き気や頭痛もこの感じに似ています。

 帰り道、ゆっくり周りの建物をみながら歩き出すと吐き気は消えました。気分転換になるはずが疲れが残った休日となりました。

|

« the Nut Cracker くるみ割り人形 | トップページ | 砂の城  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だまし絵:

« the Nut Cracker くるみ割り人形 | トップページ | 砂の城  »