« イチロー 前人未踏シーズン200本安打まであと? | トップページ | 夏ばてかな? »

2009/09/20

同窓会 思い出の共有

 いつもはしないお化粧をして、お気に入りの服を身に着けて高校のバレーボール部の同窓会に出席しました。

 体育会系の同窓会は、年功序列。かつては上級生には絶対服従でした。上は、10年以上の先輩、下は、4年下の後輩までの15人が集まりました。

 自分の高校3年間だけでなく、先輩後輩の記憶と一緒に青春の思い出を共有していることがとても印象的でした。

 卒業後35年以上たった今、忘れていた当時のことをたくさん思い出しました。頭が薄くなったり、白いものが目立つ年代の集まりでしたが、成長期に鍛えた片鱗が残っていました。それは広い肩幅、厚い胸幅、筋肉質な二の腕、がっちりした腰周りとふくらはぎです。衰えたとはいえ、かつてのたくましい筋肉は、35年もの間身体の動きの一端を担い切れのいい動きをしていたことでしょう。スマートな動きができるとはまさに生命力に満ち溢れていると言うことです。一生の健康の財産をいい時期に作った部員たち。

 毎日、疲れた患者さんを針治療している私は、その財産を誇らしく思いました。

|

« イチロー 前人未踏シーズン200本安打まであと? | トップページ | 夏ばてかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会 思い出の共有:

« イチロー 前人未踏シーズン200本安打まであと? | トップページ | 夏ばてかな? »