« 夜の学校 2 | トップページ | イチロー 前人未踏シーズン200本安打まであと? »

2009/09/05

アトピー性皮膚炎 7 シェーンハイマー

 「口に入れた食べ物は、体の中の細胞の自己複製にかかわり、必ずそれぞれの分子細胞レベルによって再生されるのよ。水なら、2日、血液なら半年、骨は2年、肉体は、1年。」

 テレビで、ドイツの分子生物学者ルドルフ シェーンハイマーの話が放映されていました。少しアトピーのある中3の娘と見ていました。

 1930年、ユダヤ人のシェーンハイマーは、マウスにそれぞれマーキングした食べ物を与えました。その後、マウスの体の中の分子レベルの細胞を追跡調査をしました。マーキングされた栄養素たちは体内に吸収され体の細胞の一部となります。、じょじょに入れ替わり骨なら2年で今の細胞とすべて入れ替わるというのです。

 私たちが口に入れる物はよく注意しなくてはと思いました。化学物質や農薬入りの食べ物は、そのまま細胞レベルまで取り込まれ細胞の一部として体の中で蓄積します。反対に、良い物を食べれば、半年、1年後に細胞はすべて入れ替わるのです。

 アトピーで肌が荒れている娘。肌の細胞も同じことです。冒頭のことをしっかり言い聞かせました。

|

« 夜の学校 2 | トップページ | イチロー 前人未踏シーズン200本安打まであと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/46125944

この記事へのトラックバック一覧です: アトピー性皮膚炎 7 シェーンハイマー:

» アトピーはかわいそう [アトピーコム]
アトピー体験談 [続きを読む]

受信: 2009/09/29 21:42

« 夜の学校 2 | トップページ | イチロー 前人未踏シーズン200本安打まであと? »