« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/30

夏ばてかな?

 先日、あらフォー世代の女性が来院されました。「どこも痛くないのだけれどもなんとなくだるくてしんどい。」とのこと。 

 見た目はガッチリ体型。色白。ややむくみあり。シャワー生活による下半身の冷え。一番気になったのは、脈を触れた時下の方で打っていたか細い脈でした。。がっちり型からは想像もつきません。私は、瞬時に彼女のだるくてしんどい意味が理解できました。

 8月下旬から10月中旬までを東洋医学では湿気しっきと呼びます。夏の暑さの余韻が残り、汗をかく量が減るにもかかわらず水分を多量に飲む。胃腸が弱りその水分の代謝ができない。そのため足がむくみます。彼女は、フルタイムの仕事と早朝のアルバイトの掛け持ちをしていました。

 ゆっくり話しに耳を傾け、夏ばてからきている旨を伝えました。針治療は、枯れて無くなってしまった体の元気をもどすことに力をいれました。施術後、か細かった脈はみずみずしい滑脈にもどり、下半身の冷えが改善されていました。

 針治療は、痛みなどの運動器疾患は得意科目です。なんとなくだるいしんどいという不定愁訴にも効果があるものです。患者さんが鍼灸治療を選んでくれる。私たちがそれに対処できる技術を持っている。二つがぴったり合わさったとき良い効果がうまれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/20

同窓会 思い出の共有

 いつもはしないお化粧をして、お気に入りの服を身に着けて高校のバレーボール部の同窓会に出席しました。

 体育会系の同窓会は、年功序列。かつては上級生には絶対服従でした。上は、10年以上の先輩、下は、4年下の後輩までの15人が集まりました。

 自分の高校3年間だけでなく、先輩後輩の記憶と一緒に青春の思い出を共有していることがとても印象的でした。

 卒業後35年以上たった今、忘れていた当時のことをたくさん思い出しました。頭が薄くなったり、白いものが目立つ年代の集まりでしたが、成長期に鍛えた片鱗が残っていました。それは広い肩幅、厚い胸幅、筋肉質な二の腕、がっちりした腰周りとふくらはぎです。衰えたとはいえ、かつてのたくましい筋肉は、35年もの間身体の動きの一端を担い切れのいい動きをしていたことでしょう。スマートな動きができるとはまさに生命力に満ち溢れていると言うことです。一生の健康の財産をいい時期に作った部員たち。

 毎日、疲れた患者さんを針治療している私は、その財産を誇らしく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/13

イチロー 前人未踏シーズン200本安打まであと?

 背筋を伸ばし、右手でバットを垂直に揃え、左手を右上腕部に添える。イチローのいつものバッターボックスの立ち姿。

 前人未踏の「9年連続のシーズン200本安打」まであと2本 9月13日時点、のマリナーズのイチロー選手。メジャーリーグ通算2000本安打は通過点と言い切った彼も、今季の150-190安打を打つまでの道のりは言葉では言い表せられないものがあったことでしょう。

 数週間前のふくらはぎの違和感は、世界のイチローファンの気をもませました。前人未踏の偉業へのプレッシャーは彼のみぞ知るです。緊張で肝を傷め吐き気がしていたでしょう。また、恐怖で腎を傷め寝不足が重なり上半身は熱、下半身は虚状態が続いていたと思います。こちらの方がふくらはぎの違和感が生まれる原因に近い。WBC2009で、彼の絶不調からの胃潰瘍も頭がよぎりました。大事をとって試合の出場をとりやめたのは正解でした。

 「打率は変動するが、安打は積み重ねることができる」と彼は言います。相手投手から、ボール球でも積極的に打ちにいくスタイルに、投げる所が無い と恐れられています。

 前人未踏まで後2本。これから将来にわたって大きな故障が無いよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

アトピー性皮膚炎 7 シェーンハイマー

 「口に入れた食べ物は、体の中の細胞の自己複製にかかわり、必ずそれぞれの分子細胞レベルによって再生されるのよ。水なら、2日、血液なら半年、骨は2年、肉体は、1年。」

 テレビで、ドイツの分子生物学者ルドルフ シェーンハイマーの話が放映されていました。少しアトピーのある中3の娘と見ていました。

 1930年、ユダヤ人のシェーンハイマーは、マウスにそれぞれマーキングした食べ物を与えました。その後、マウスの体の中の分子レベルの細胞を追跡調査をしました。マーキングされた栄養素たちは体内に吸収され体の細胞の一部となります。、じょじょに入れ替わり骨なら2年で今の細胞とすべて入れ替わるというのです。

 私たちが口に入れる物はよく注意しなくてはと思いました。化学物質や農薬入りの食べ物は、そのまま細胞レベルまで取り込まれ細胞の一部として体の中で蓄積します。反対に、良い物を食べれば、半年、1年後に細胞はすべて入れ替わるのです。

 アトピーで肌が荒れている娘。肌の細胞も同じことです。冒頭のことをしっかり言い聞かせました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »