« イメージチェンジ | トップページ | 梅林 »

2009/01/27

横綱朝青龍

 23度目の優勝インタビューを受ける横綱朝青龍関はペロリと舌を出しました。

 「朝青龍はまた帰ってきました。」大相撲初場所 千秋楽 優勝決定戦。横綱白鵬を制した直後の開口一番の言葉。したたる汗。興奮を抑えきれない笑み。白鵬関を倒した後の興奮が伝わってきた直後のペロリ。私には横綱の体調が手にとるようにわかりました。

 淡紅舌薄白苔。やや興奮ぎみで赤みかかっています。胃腸の動きもよく活力旺盛な証拠。この体調を維持していたからこそ、足腰の動きも身のこなしもスムーズにいけたのだと思いました。

 初場所初日の横綱は、肘にテーピング、肩の筋肉が落ち、足腰に張りがなくつややかな皮膚の色はありませんでした。肘の故障で三連続休場の後あまり稽古ができなかったためでしょう。また、まわりからのプレッシャーで心中穏やかでなかったかも知れません。前半戦は、気をぬくことなく勝ち進むうちに試合感を取り戻し、後半戦につなげたのはさすがでした。

 横綱の舌診を予測してみましょう。前半は、舌に胃腸が停滞しているという黄苔が混じっていたはず。胃腸の動きが悪いと下半身の動きも悪いものです。心労も加わり舌尖に紅点があったかもしれません。しかし、不眠はなかったようです。不眠があれば下半身に力が入らず土をつくことになったはずですから。

 「まだまだだ、終わらないよ」と復活宣言した横綱朝青龍関。稽古不足からのスタミナを危ぶまれましたが、14日間の快進撃はすばらしい限りでした。肩の張りは往時とは比べものになりません。来場所の大阪場所でその真価が問われることでしょう。

|

« イメージチェンジ | トップページ | 梅林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/43871798

この記事へのトラックバック一覧です: 横綱朝青龍:

« イメージチェンジ | トップページ | 梅林 »