« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/25

ロミオとジュリエット

 初めの一歩は恐る恐る、二歩目ははっきりジュリエットの立つバルコニーに向き。三歩目は、力強く確かな足取りで駆け出す。ロミオの初めの一歩は名シーンの予感をさせてくれました。

 去る6月26日、地主薫バレエ団創立20周年記念公演「ロミオとジュリエット」全幕を観に行きました。

 中世ルネサンス期のイタリア、若いロミオとジュリエットの恋はバルコニーでのパ・パ・ドゥで激しく燃え上がります。前半の山場、舞台の雰囲気を一変させた初めの一歩に思いを馳せました。

 昨年、彼ロミオは左足を痛めて私の治療院に来られました。22歳の若いきさくな好青年。すらっとした手足に荒削りの筋肉が追いつかない風でした。今、目の前でジュリエットを抱いて踊っているロミオは体の線がきれいで筋肉が洗練され、しなやかさや力強さが加わっていました。あれからどれだけ練習して上背に見合う筋力を作っていったことでしょう。肉体を強靱にするだけではなく、動きの中で感情移入できるところまで高めることができた彼の初めの一歩でもありました。

 そんなロミオにジュリエットは一途に飛び込んでいきました。小柄ながらも手の先足の先までゆきとどいた繊細な演技はさすがボストンバレエ団です。足腰の強さは誰よりもしなやかで強靱。ジュリエットの魅力はロミオの鍛えられた肉体に支えられ、しとやかに、たおやかに、狂おしく、そして深い悲しみの中でも発揮されていました。

 後半の山場、キャピレット家の墓所。仮死状態のジュリエットを抱いて踊るロミオ。愛する人を失った悲しみの踊りは涙を誘います。ロミオの後を追うジュリエットの短剣は二人の儚い恋を引き裂きました。
 
 若さはいつの時代でも大きな困難に立ち向かう力を持っています。ルネッサンス期のロミオとジュリエットは悲劇に終わりましたが、平成の時代の多くの若い恋人達に感動と教訓をなげかけたことでしょう。関西フィルハーモニー管弦楽団の生演奏は居ながらにして心地よく、ロミオ達の演技を遺憾なく盛り上げていました。

 いつもながら、地主バレエ団は、登場する全ての人が一人一人、語らい、笑い、驚き、怒り、恐れ、泣くといった感情豊かな表現をしているのに感心させられます。20周年記念公演は、若いロミオの大きな成長を実感した舞台でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/18

青磁 妙なる感触

Seiji
 ちょうど両手の中に収まる小さな香炉。両耳付き。まるい、角がない、なめらか、軽くもなく重くもなく、手の中でまるく溶け合う、妙なる感触。明代龍泉窯の青磁の香炉。

 ガラスの陳列台から取り出してもらいました。小さくうずくまっていた香炉は私の手の中で手の形に丸く変化しました。大きくもなり小さくもなりイメージどうりに。やわらかい、そして限りなくなめらか。初めての妙なる感触に面くらいました。すりすりすりすり、ずっと手の中に入れておきたい誘惑。

 このイメージを頭の中に焼き付けました。

 この妙なるものを持つ人は、病気とほど遠い思いました。バランスの取れた体は和緩という妙なる感触を脈に投影させます。元気な子供は、これを持ち合わせていると思います。

 
  そっと元に戻しました。香炉は黙って存在感を消して小さくうずくまりました。

 今思い出して心残りは、指で軽くはじいてその音を聞けなかったこと。そうすることすら思いつきませんでした。どんな音がするのかな・・・・。

  龍泉窯 宋代に開窯された青磁の産地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

時間を忘れた 座間味島

Okinawa01
 熱帯魚は水槽で観るものだと思っていました。梅雨の明けない大阪から沖縄へ。一足早い夏休みをとりました。

 離島。慶良間諸島の一つ、座間味島は那覇から高速フェリーで55分。エメラルドグリーンの景色が広がるのを想像してください。ここは、世界でも有数のダイビングスポットの一つです。私は、生まれて初めてシュノーケリングに挑戦しました。ライフジャケットが浮き輪代わりになり水中めがねとシュノーケルで海の中を覗きます。

 水深3-5㍍の海の底にも太陽の光が届きゆらりゆらり。極彩色ゆたかな熱帯魚が私の存在なんかお構いなしに泳ぎ回っています。ディズニー映画のニモがいました。鯛のような大きな魚が海の底をゆっくり横切りました。小魚の群れのそばで珊瑚が息づき、イソギンチャクが口をあけ獲物を待ちかまえています。

 音のない静かな海の世界は、都会を忘れ、仕事を忘れ、時間を忘れました。

 4時間以上海の中を覗いていたら足の後側がやけど状態。この部分に日焼け止めクリームを塗り忘れているのに気づいた時にはすでに後の祭りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/11

胃腸が動かない

  今朝の室温30度、湿度70パーセント。どんよりとした曇り空。だるい。 

 梅雨明け前のこの時期、体がだるい、食欲が無い、頭が重い、やる気が出ない、足腰が痛いと不調を訴える人が多いです。高温、多湿のせいで胃腸が動かない状態になっています。ステーキ、焼き肉、天ぷら、フライなどを夕食に食べたら2-3日は胃は動きません。但し、しっかり運動している人は別ですが。生姜やにんにくを使った料理は胃の中の湿気を飛ばします。、梅干し、酢の物、煮物などは弱った胃腸をいたわります。

 だるいなあと感じたら早めに胃腸を休めましょう。鍼治療で胃腸を整えるのも一つの方法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »