« 指輪 | トップページ | 胃腸が動かない »

2008/06/20

美しい顔

 無邪気に遊んでいる子供はとてもかわいく見えますね。同じ子供が力無くぐったりしている時はあまりかわいく見えません。どうしてそう思うのでしょうか?

 子供らしい顔色はきれいな肌色でしょう。赤色だと熱があるかもしれません。青色ならお腹が痛い、白色は風邪のひきはじめ。黄色は食べ物を詰めすぎ。黒色は疲れすぎ。顔色でもこれだけの判断ができます。

 見やすい子供から大人を診てみましょう。生活環境が複雑になり食生活も乱れがちになると顔色もたとえば赤黒や青黒と複雑に混ざりあいます。また顔の筋肉が引きつったり伸びたりで左右対称でないことも多々あります。眉間が頭。鼻が胴体。両手が眉毛のあたり、両足がほうれいのあたり。異常があるとその部分の色の変化、筋の引きつり、ゆがみが出たりします。経絡に異常があればそのラインの動きが悪く顔の表情が不自然になります。疲れた時は顔の表情が乏しく、嬉しい時は顔全体が生き生きしています。そのまま体の体調を表しているのがよくわかります。

 美しい顔とは体の内面が整っているということです。若い頃は、かなり羽目を外してもすぐにからだも顔も元に戻りました。30歳を越えるとそうはいきません。50歳60歳までそれなりに美しさを保とうと思う人は少しばかりの養生が必要です。規則正しい生活と食事、睡眠、適度な運動。それがうまく季節に応じていなくてはいけません。

 内面を整えるにはどうすればいいのでしょうか?胃腸の働きを良くする。寝るスタミナをつける。ストレスを和らげる。冷え性を緩和する。内臓の働きを活発にする。便通を良くする。風邪をひきにくくする。すべて鍼治療の適応範囲です。針治療後にピンク色の美しい顔に戻ればその治療は成功です。

 美しい顔、女性の永遠のテーマ。鍼治療はその一役を担っていると自負しています。

|

« 指輪 | トップページ | 胃腸が動かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/41591350

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい顔:

« 指輪 | トップページ | 胃腸が動かない »