« 紫禁城 | トップページ | チャングムの韓医学 »

2008/04/04

春のツボ

 桜が満開です。連日の寒さと風がやみ気持ちが緩みます。春らしい温かい日は、鍼治療で取るツボに共通するものが出てきます。解谿、然谷、行間、太衝。これらの足回りのツボを取穴し出すと、春の実感がします。春は気が上にのぼりやすいため顔が赤くなります。顔が赤い人が来たら解谿、然谷、行間で火を降ろします。脇腹の張って苦しい人に、太衝穴で肝の疎通をはかります。桜の花が満開なのに鬱々と憂鬱な人、なんとなくいらいらする人にも有効です。
 4月に入り新年度。環境がめまぐるしく変わる人も多いと思います。緊張のしすぎで体調を崩しやすくなります。春のツボの出番です。待ち望んでいた春なのに、木の芽立ちは調子が悪いと思っている人、春のツボの出番です。春は春らしく、装いも新たに伸びやかに軽やかに過ごしたいものですね。鍼治療はあなたの期待を裏切りません。

|

« 紫禁城 | トップページ | チャングムの韓医学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のツボ:

« 紫禁城 | トップページ | チャングムの韓医学 »