« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/29

豚足で食養生

冬の食養生に欠かせない食材に豚肉がある。豚肉は身体に潤いを与えてしっとりさせてくれる。乾燥した冬の気候にたいへんよい。

とくに豚の脂は「紫雲膏」という漢方薬の軟膏に使われるくらいで、お肌がカサカサになったときにとても効果がある。

しかし、「脂を摂るのはどうも気が進まない」という人が多いので、よくお勧めするのがコラーゲン(タンパク質)豊富でヘルシーな豚足。

ところが、「あのいかにも豚の足という形がグロテスクで嫌」という人も多い。
そこで、じゃあ、これは?とお勧めするのが煮豚足。
グツグツ煮込んであるのでバラバラに崩れており、もはや足の原型はとどめていないし、柔らかくて食べやすい。

ただ、豚足を買ってきて家で煮込んで料理するのはハードルが高いと感じる人が多いので、けっきょく、食べに行ってください、っていうことになっちゃう。

そんなときお勧めするのが「丸玉食堂」という庶民的な台湾料理屋さん。場所は神戸のJR元町駅高架下。(詳細はココをクリック)

私自身もここの豚足の大ファンでよく食べに行く。600円でひとりで食べるにはかなり多い量が出てくる。ほかにもうまい料理多数。

この記事はアフィリエートでもなんでもないが、患者さんに何度も説明するので、手間をはぶくためにエントリー。


以下の画像は、丸玉食堂の正面と、豚足一人前。「あし」と言ってオーダーするのが通みたい。
丸玉食堂豚足
(渉雲堂)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/12/27

体にやさしい生理中の過ごし方

「お母さん、今日、お腹が痛くなって保健室に行ったの。先生が子供用の痛み止めをくれて、腰にカイロを貼ってくれたよ。」
小6の次女は10月に初潮がありました。2度目の生理の時におなかが痛くなったようです。
「この頃の小学生は生理痛になる子が多い」と先生がこぼしていたそうです。

初潮を期に、少女から女性に変わるこの時期、アイスクリーム食べ放題、寒くても短いスカートばかり着ている次女におとずれた初めての生理痛。驚くばかりの痛みだったろうと思います。
その夜、次女に注意したこと。

◆生理前後は冷たいジュース、アイスクリーム、ヨーグルト、甘い物、チョコ、フルーツをたくさん食べない。
◆刺激物はひかえる ( ピリ辛系、七味・ニンニク・ハーブ・・)。
◆寒い日は足下が暖かい服装をする、腰を出さない(ローライズのズボンは不可)。
◆出血量が多い日はお風呂を控える。ウォシュレットを上手に使う。
◆普段はお風呂でゆっくり温める。シャワーや朝風呂はいけない。
◆風呂上がりに、柔軟体操、開脚ストレッチなどをすると、生理痛予防になる。

女性にとって、初潮、妊娠、出産、更年期と40年余りつきあう毎月の生理。
初潮になったとまどいの多いこの時期に正しい生理時の過ごし方を教えることはとても意味のあることなのです。
鍼灸では、痛み止めだけでなく、生理痛になりにくい体質になるよう治療と養生指導をしています。
次の日、「今は食べたらいけない。」と好きなチョコレートを我慢している娘の姿がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/12/18

鍼灸師になりたい

このひと月ほどの間に、3人の方から鍼灸師になりたいという相談を受けました。

鍼灸師になるには厚生労働省の認可を受けた学校を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。
相談を受けたので、ベーネ南船場治療院がある大阪近辺の学校をネットで調べてみましたが、全校を網羅したリストというのはありませんでした。

せっかくですから、備忘録として、自分の調べた内容を載せておきます。
(渉雲堂)
---------------------------------------------------
【4年制大学】

明治鍼灸大学
http://www.meiji-u.ac.jp/


関西医療大学
http://www.kansai.ac.jp/index.html


森ノ宮医療大学 保健医療学部
http://www.morinomiya-u.ac.jp/
鍼灸学科 60名

---------------------------------------------------
【あんまマッサージ指圧師課程あり】

行岡鍼灸専門学校
http://www.yukioka.ac.jp/hari/top.html
大阪市北区長柄西1丁目7番53号
昼間部 50名(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師)
夜間部 50名(はり師、きゅう師)


関西医療学園専門学校
http://www.kansai.ac.jp/senmon/index.html
大阪府大阪市住吉区苅田6丁目18-13
東洋医療学科(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師/昼間3年)
東洋医療鍼灸学科(はり師、きゅう師/昼間3年・夜間3年)


仏眼鍼灸理療学校
http://www.butsugen.or.jp/sinkyu/index.shtml
京都市 東山区一橋宮ノ内町 7番地
本科(総合科) 昼間部3年(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師)
選科(マッサージ科) 夜間部3年 (あん摩マッサージ指圧師のみ)
第1鍼灸科 昼間部3年(はり師、きゅう師)
第2鍼灸科 夜間部3年(はり師、きゅう師)


---------------------------------------------------
【はり師、きゅう師のみ】

森ノ宮医療学園専門学校
http://www.morinomiya.ac.jp/index.php
鍼灸学科 全日制アドバンスコース 30名
鍼灸学科 昼間コース 60名
鍼灸学科 夜間コース 90名


大阪ハイテクノロジー専門学校滋慶学園グループ )
http://www.osaka-hightech.ac.jp/access/index.html
大阪市淀川区宮原1-2-43(新大阪駅前)
鍼灸スポーツトレーナー学科(昼間4年制)※認可申請中(平成19年4月開講)
鍼灸師学科(夜間3年制)※認可申請中(平成19年4月開講)


東洋医療専門学校(滋慶学園グループ )
http://www.toyoiryo.ac.jp/index.html
大阪市淀川区西宮原1-5-35(新大阪駅前)
鍼灸師学科(昼間3年・夜間3年)


大阪医療技術学園専門学校滋慶学園グループ )
http://www.ocmt.ac.jp/index.html
大阪市北区東天満2-1-30(南森町・大阪天満宮)
鍼灸師学科(昼間3年・夜間3年)


大阪鳳林医療学院
http://www.orin.ac.jp/
大阪市中央区南本町1丁目4-10
鍼灸学科(昼間3年・夜間3年)


国際東洋医療
http://www.jusei-shinkyu.ac.jp/
大阪府岸和田市野田町2丁目2-8
鍼灸学院(昼間3年・夜間3年)


履正社学園コミュニティ・スポーツ専門学校
http://www.riseisha.ac.jp/riseisha/index.html
大阪市淀川区十三本町3丁目4-21
鍼灸学科(昼間3年・夜間3年)


平成医療学園専門学校
http://www.heisei-iryo.ac.jp/
大阪市北区中津6-10-15
鍼灸師科(昼間3年・夜間3年)


明治東洋医学院専門学校
http://www.meiji-s.ac.jp/
大阪府吹田市西御旅町7-53
第1鍼灸学科(昼間部) 120名
第2鍼灸学科(夜間部) 60名


京都医健専門学校(滋慶学園グループ )
http://www.kyoto-iken.ac.jp/org_index.html
京都市中京区三条通室町西入衣棚町5-12
鍼灸科(昼間3年・夜間3年)


京都衛生専門学校
http://www.kyoto-eisei.ac.jp/
鍼灸科(昼間3年・夜間3年)


兵庫鍼灸専門学校
http://www.hyogo-shinkyu.ac.jp/
兵庫県神戸市中央区山本通2丁目14-31
第1鍼灸学科(昼間部) 50名 3年
第2鍼灸学科(夜間部) 50名 3年


神戸東洋医療学院
http://www.k-toyoiryo.com/
神戸市中央区伊藤町110-2
昼間部・夜間部 総定員60名


神戸医療福祉専門学校(滋慶学園グループ )
http://www.kmw.ac.jp/index.html
神戸市中央区多聞通2-6-3
鍼灸科

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/12/04

アームウォーマー・レッグウォーマー

先日、東京女子国際マラソンをTVで見ていました。
雨の中をひたむきに走るランナー達。
見ると、アームウォーマーを腕にはめている人とそうでない人がいました。

アームウォーマーで肘から手首までガードするという意味を考えました。
肘の下2寸のところに胃潰瘍の特効穴でもある手三里があります。
寒さの中でアームウォーマーにより胃腸が温まり、活発に動くようになります。
レース前に食べた物はどんどん消化されエネルギーに変わり、手足を振って走るのに好都合です。

激しく降る雨が道路を濡らし、行く手をさえぎるようになると全身が冷え、足が上がらなくなる選手が続出。
手の振り、足の運びが悪く、体の軸がぶれてタイムが伸びません。
35Km地点を過ぎる頃からスパートをかけて優勝した土佐礼子選手はアームウォーマーで胃腸を守っていました。
全身びしょ濡れでも最後までペースを崩さなかった原因の一つに前半、アームウォーマーで元気の素の胃腸を温めていたことにあると思います。
古傷をかかえていた高橋尚子選手がこれをつけていなかったのが残念でたまりません。
ゴール地点で手指が凍る程寒かったそうです。
胃腸が全く動かなくなっていたと想像できます。

レースは天候、体調などにより結果が大きく左右されます。
勝負のカケをどこに持ってくるか、各選手の思惑があり、見る者におもしろさと感動を与えてくれます。
アームウォーマーをつけるつけないで、鍼灸師の私は充分に楽しめたレースでした。

ちなみに、レッグウォーマーで足を温める意味とは、膝上外側に全身を温める陽関穴、膝下に胃腸を整える足三里穴、婦人科で重要な三陰交穴などが並んでいます。
日常生活で足を冷やすと、腰痛・腹痛・生理不順・不妊・便秘・・等良いことはありません。

寒さが厳しくなる季節、そして夏の冷房対策としてもアームウォーマー、レッグウォーマーを上手に活用してみてはどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »