« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/04

ゾクッとしたら?

 ゾクッとしたら風邪かな・・?
ゾクゾクしたら慌てて一枚重ね着をして、体温を計りますね。

どこがゾクッとすると思いますか?

後頭部から背中にかけて特に寒く、必ずといってよい程、クーラーの風、扇風機の風、夜風に吹かれるのを嫌がります。
東洋医学では、風や冷えの入りやすい場所として、この辺りに風池・風府・風門という穴の名前をあてています。

細部を観察すると、多くの人は首から背中にかけて毛穴が開き、手で触れると冷やっとしています。
皮膚は汗腺を通じて発汗し、体温調節を行っています。
暑いときには開き、寒いときには閉じます。
その作用が狂うと、寒いときにも開きっぱなしとなり、風や冷えが身体に進入してきます。
すると、風池・風府・風門穴の辺りがこわばり、くしゃみ・鼻水・頭痛・発熱などの風邪の初期症状があらわれます。

ゾクッとしないためには・・・
   汗をかいたらタオルでふく
   朝のシャワー、朝風呂をやめる
   背中を乾布摩擦する
   背中を温める
   背中をタオルやスカーフでガードする
   背中を太陽にあてて毛穴を閉める
夏に海やプールで真っ黒に日焼けしている子供は冬に風邪を引きにくいと云われます。
まさに、背中だけでなく全身の汗腺がギュッと引き締まっていることでしょう。
風や冷えが進入する隙間が全くない訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »