« 急募・鍼灸師(大阪) | トップページ | ゾクッとしたら? »

2006/08/30

暑がりの人、寒がりの人

JRの電車にのりました、。
車輌はよくクーラーが効いています。
快速急行などのノンストップだと、寒いくらいで、私はいつも弱冷車に乗るようにしています。
あなたは暑がりですか?  それとも寒がりですか?

暑がりの人は汗かきで、冷たい物をどんどん食べたり飲んだりしても平気です。
冷房が大好きで、室温20℃でも快適を感じます。
しかし、体内のミネラル濃度調節が不安定で、体の水分量が少なくなると疲れます。
そのため、冷たいジュース、氷、果物などを食べてバランスをとっているのです。
寒がりの人の気持ちは全く理解できません。

寒がりの人は、汗をかきにくく、冷房があまり好きではありません。
水分代謝が悪く、ミネラルが体内に溜まり、水分量が多くなると疲れます。
小便が出にくい、むくむ、だるい、といった症状がでてきます。
当然、冷たい物などはあまり欲しくないか、又は、食べるとお腹をこわします。

暑がりの人と寒がりの人が同じ場所で生活したり、仕事をしたりすると、悲劇が起こります。
エアコンの温度設定などで、お互い体調をこわすことが多々あり大変です。

暑がりの人の夏バテは、緑豆春雨、甘酢系の味付け、塩をふったスイカ、硬水を飲む・・等で調整しましょう。

寒がりの人の夏バテは、とうもろこし、鶏スープ、生姜、あずき、香辛野菜(ネギ、パセリ、セロリ・・)などを
とりましょう。
クーラー対策としてこまめに衣服を着たり、昼は日光浴、夜はお風呂で半身浴をして汗をかきましょう。

真夏の日射しは衰えたとは言え、昼間の最高気温30℃以上はもうしばらく続きます。
夏のツケは必ずまわってきます、
暑がりの人も 寒がりの人も、すこやかに夏が乗り切れますように。

|

« 急募・鍼灸師(大阪) | トップページ | ゾクッとしたら? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/11683635

この記事へのトラックバック一覧です: 暑がりの人、寒がりの人:

» ambien ambien-- [Donald Lopez]
2986 [続きを読む]

受信: 2007/05/31 05:40

« 急募・鍼灸師(大阪) | トップページ | ゾクッとしたら? »