« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年8月

2006/08/30

暑がりの人、寒がりの人

JRの電車にのりました、。
車輌はよくクーラーが効いています。
快速急行などのノンストップだと、寒いくらいで、私はいつも弱冷車に乗るようにしています。
あなたは暑がりですか?  それとも寒がりですか?

暑がりの人は汗かきで、冷たい物をどんどん食べたり飲んだりしても平気です。
冷房が大好きで、室温20℃でも快適を感じます。
しかし、体内のミネラル濃度調節が不安定で、体の水分量が少なくなると疲れます。
そのため、冷たいジュース、氷、果物などを食べてバランスをとっているのです。
寒がりの人の気持ちは全く理解できません。

寒がりの人は、汗をかきにくく、冷房があまり好きではありません。
水分代謝が悪く、ミネラルが体内に溜まり、水分量が多くなると疲れます。
小便が出にくい、むくむ、だるい、といった症状がでてきます。
当然、冷たい物などはあまり欲しくないか、又は、食べるとお腹をこわします。

暑がりの人と寒がりの人が同じ場所で生活したり、仕事をしたりすると、悲劇が起こります。
エアコンの温度設定などで、お互い体調をこわすことが多々あり大変です。

暑がりの人の夏バテは、緑豆春雨、甘酢系の味付け、塩をふったスイカ、硬水を飲む・・等で調整しましょう。

寒がりの人の夏バテは、とうもろこし、鶏スープ、生姜、あずき、香辛野菜(ネギ、パセリ、セロリ・・)などを
とりましょう。
クーラー対策としてこまめに衣服を着たり、昼は日光浴、夜はお風呂で半身浴をして汗をかきましょう。

真夏の日射しは衰えたとは言え、昼間の最高気温30℃以上はもうしばらく続きます。
夏のツケは必ずまわってきます、
暑がりの人も 寒がりの人も、すこやかに夏が乗り切れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/11

急募・鍼灸師(大阪)

募集は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

職種: 鍼灸治療業務

給与: ご相談のうえ決定 (経験により優遇)

勤務地: 南海本線・堺駅前

必要資格: はり師及びきゅう師免許

応募先: 代替医療協会 担当の鈴木まで
      電話 06-6655-5444
      住所 大阪市西成区天下茶屋2-9-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

体にやさしい夏の過ごし方

 街を歩いていて、ひんやりと水をイメージした看板に目が吸いよせられます。
風に揺れているかき氷、ひやしあめの旗にも心を動かされます。
日射しがきつくなると、水色系の涼しい色がとてもここちよく感じます。
目から涼しさを脳に送っているのでしょう。

 暑さの中で身につける衣服は、綿、麻の水色系、寒色系がよく、カーテン、ジュータン、布団カバーなど、視覚に入るものにも応用してみましょう。
 
 当然のことながら、体は暑さに対して冷やそうと、冷たい水分を要求してきます。
欲するままにジュース、氷、アイスクリームをとり続けると、早々に夏バテがおこります。
生野菜、きゅうり、トマト、レタスなどを上手に食べて下さい。
のどの渇きを止め、胃腸をやさしく冷やします。
暑さで弱った胃腸には、ぬか漬け、ヨーグルト、酢の物、梅干し、きずし、ゴーヤ、豚肉などがおすすめです。
クーラーで冷えすぎたり、寒がりの人は鶏肉や生姜を、暑がりの人は、スイカ、メロン、マンゴーなど夏の果物を上手に取り入れて下さい。
 
 水が恋しくなる季節。
海水浴で夏の陽気、海のミネラルを取り入れます。
但し、焼きすぎは禁物。日焼け対策は万全にして下さい。

 日々の過ごし方として、早朝と夕方に活動し、日中に少し昼寝すると体力の温存になります。
家の周囲に打ち水をしたり、よしずやすだれを使いましょう。
部屋の中に入る直射日光を減らすのも、涼しい環境作りに役立ちます。
夜のクーラーはタイマーを上手に使って、体が冷えすぎないようにしましょう。

 身体にやさしい夏の過ごし方は昔、子供の頃にあたりまえに過ごしていたことだと思います。 
頭の痛い夏休みの宿題はすでに卒業している皆様、夏の正しい養生が来たるべき秋冬の活力のもとになることをよく理解し、暑さを乗りきりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »