« 初夏の陽射しの中 | トップページ | 体にやさしい夏の過ごし方 »

2006/06/21

梅雨を快適に過ごしましょう

梅雨前線の北上で一日中雨。

「梅干しを1こ、搗いたお米の上にのせて御飯をたくと、くさりにくいのよ。」子供の頃近所のおばあちゃんから教わりました。冷蔵庫のない時代の庶民の知恵です。

じめじめした湿気嫌ですね。なんだか体がだるく、何をするにもおっくうです。古傷や神経痛が疼くのもこの時期です。

体がだるく感じる人。そのだるさは胃腸が弱っていると考えてください。こん立てには生物をはずした方がよいかもしれません。水分や甘味の取りすぎは胃の中に湿気を溜め、雨と重なり、内外とも雨降り状態。よけいに手足がだるくなります。

生姜やニンニクをかくし味に入れておかずを作れば、胃腸の湿気をとばし、食欲がでます。

むくみが気になる人は、利尿作用があるあずきの塩ゆでがおすすめです。たくさん作っておいて、毎食、スプーンに一杯ずつ試してみてはいかがでしょう。

肌の不快なベタつきは、黄色、黄なり、ベージュ色の服を着てしのぎましょう。皮膚と服の間に、サラッとした乾燥感が生まれます。

昼間は、扇風機をつけ重い湿気をかくはんすると過ごしやすくなります。湿気と熱が加わった寝苦しい夜は、迷わずゆる目のクーラーをつけ、たっぷり睡眠をとってください。

主婦泣かせの雨。一昔前は、冷蔵庫もクーラーも洗濯乾燥機もありませんでした。文明の進歩に感謝しつつ、雨の日は上手に快適に過ごしましょうね。

|

« 初夏の陽射しの中 | トップページ | 体にやさしい夏の過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/10619958

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨を快適に過ごしましょう:

« 初夏の陽射しの中 | トップページ | 体にやさしい夏の過ごし方 »