« アンリ・マチスの「金魚」 | トップページ | ストレス »

2006/02/08

太陰暦で生活してみる【春】

日本人なら、太陰暦で生活するべし!

「立春は過ぎたけど、春って、いつから始まるの?」……なんて思ったことありませんか。

春は二十四節気の「雨水」から「穀雨」までなので、今年は2月19日から4月19日が太陰暦上の「春」になります。

春は芽を出す季節だから、タマネギ・ニンニク・イモ・ニンジン・春ダイコンなど、芽を出しやすいものがもっとも身体に合う食材になります。

肉類なら、牛肉がリラックス効果があり、春にぴったりです。

これらは冬の疲れを取り除き、夏バテを防ぐ食べ物といわれています。


春の養生法としては、ストレッチなどで身体を柔軟にすることが第一で、ジョギングや太極拳などの軽い運動もおすすめです。ただし、準備運動をする時に水分を先に補給しておいてくださいね。芽を出す季節である春には水がたくさん要るんです。

このように自然に呼応して生活すれば、健康になれるんです。

|

« アンリ・マチスの「金魚」 | トップページ | ストレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陰暦で生活してみる【春】:

« アンリ・マチスの「金魚」 | トップページ | ストレス »