« 邪気 | トップページ | とり »

2005/12/23

ヨモギ風呂

12月22日は冬至でした。前夜からの寒風に続き、横なぐりの雪で電車が止まるという、はなはだ迷惑ながら、いかにも冬至にふさわしい朝となりました。

連日の寒波が骨身にしみている人は多いと思います。冷え切った体を温めるために、夜のお風呂は欠かせません。ベーネ南船場治療院では、いま、ヨモギ風呂が大流行しています。
夏から秋に摘んて乾燥させたヨモギの葉(市販品で500g¥2,000程度)を使います。袋にひとつかみ入れてお風呂につけて揉み出したり、濃く煮出した汁を入れます。

ヨモギのにおいをかぎながらのバスタイムは、身体の血行がよくなり芯から温まります。ヨモギ湯は、冷え性・アトピー性のかゆみ・美肌などに効果があるといわれています。

市販の入浴剤もいいですが、冬至以降、来年2月の立春まではヨモギ風呂がよく温まります。湯からあがって1時間以上身体がポカポカしているのを実感できます。

昼間は患者さんにお灸をしてモグサ(ヨモギの葉の裏の毛を集めて作ります)の燃える香りをかぎ、夜にはヨモギ風呂に入れば、ギリシャ神話の女神、アルテミスの分身になった気がします。(ヨモギの学名は「アルテミシア」といい、ギリシャ神話に登場する、月と豊穣・女性の健康をつかさどる女神「アルテミス」に由来しています。)

乾燥ヨモギを手に入れたい人は、お近くの漢方薬局に問い合わせてみて下さい。

|

« 邪気 | トップページ | とり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/7790314

この記事へのトラックバック一覧です: ヨモギ風呂:

« 邪気 | トップページ | とり »