« 続・春の養生法 | トップページ | 邪気 »

2005/12/13

冬の室内環境

冬至には南瓜に柚子風呂。

季節の風物詩を実行する前に真冬並みの寒さがやってきてしまいました。真冬の服装をしてない人は見た目以上に寒そうです。

ベーネ南船場治療院の室内温度は23~25℃。ウォームビズでは室内で厚着をするかわりに暖房を20℃に設定するそうですが、それに比べると3~5℃もオーバーしています。患者さんにはパジャマに着替えていただいているので、ウォームビズできないのはいたしかたないところです。

湿度は50%がちょうど快適です。
シーリングファン(天井につけるプロペラ)で天井近くの空気を攪拌しているので足下まで温かくなります。
朝・昼・夜、それぞれで室内外の気温差を考慮し、より快適な環境をこころがけています。

ただし、風邪をひいている人はより寒く感じ、長時間歩いてきた人や暑がりの人はより暑く感じるので中庸をどこにするかが問われるところです。

|

« 続・春の養生法 | トップページ | 邪気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/7599240

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の室内環境:

« 続・春の養生法 | トップページ | 邪気 »