« 冬の室内環境 | トップページ | ヨモギ風呂 »

2005/12/16

邪気

ベーネ南船場治療院の朝は、まず窓を開け新鮮な空気を入れ換えることから始まります。

前日の患者さんの来院数によっては室内の空気がどんより重く感じます。その正体は何でしょう。

疲れたあなたが針治療や北京整体を受けたとします。そのとき身体が楽になるのと引きかえにその疲れはどこへ行くと思いますか?

…… すべて室内に置いて帰ることになるのです。

正しく治療を受けた身体は本来の働きを取り戻し、小さな細胞の単位まで活発に動き出します。目に見えるものとしては体内の老廃物が、便・尿・汗になって体外に出て行きます。

身体の深い部分から出る老廃物を含んだ水分は気化され、針を刺したツボや手のひら・足の裏・口・目・皮膚からたくさん放出されます。これは目に見えません。
私たちはこれを「邪気」と呼びます。

ピンクの顔色と笑顔がもどった患者さんを「お大事に」とお送りした後、そっと窓を開け、たまった邪気を追い出します。

快適な室内環境を保つには温度・湿度の管理だけではなく、単純なようですが、こまめな換気も大切だと考えています。

|

« 冬の室内環境 | トップページ | ヨモギ風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38129/7649609

この記事へのトラックバック一覧です: 邪気:

« 冬の室内環境 | トップページ | ヨモギ風呂 »