トップページ | 2004年8月 »

2004年6月

2004/06/12

治療の適応症

当院の治療は漢方薬治療と同じ理論のもとにおこなっておりますので、漢方薬で対応できる症状すべてに対応いたしております。
また、局所的な治療もおこなえますので、漢方薬が有効な全身症状から漢方薬が得意としない限局した局所症状まで幅広く対応できます。
もちろん、漢方薬との併用もまったく問題ありません。
多くの症状に対応しておりますので、お気軽にお尋ねください。

<婦人科系疾患>
更年期障害、白帯下、生理痛、月経不順、冷え症、血の道、不妊

<運動器系疾患>
関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷(骨折、打撲、ムチウチ、捻挫)の後遺症

<呼吸器系疾患>
気管支炎、喘息、風邪、風邪の予防

<小児科系疾患>
夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、食欲不振、不眠、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善

<神経系疾患>
神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー

<循環器系疾患>
動脈硬化症、高血圧、低血圧、動悸、息切れ、貧血

<消化器系疾患>
胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘、肝機能障害、胃十二指腸潰瘍、痔

<耳鼻咽喉科系疾患>
中耳炎、耳鳴り、難聴、メニエル病、鼻出血、鼻炎、蓄膿、咽喉頭炎、扁桃炎

<眼科系疾患>
眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい

その他、多くの症状に対応致しております。


WHO世界保健機構により鍼灸治療の適応症が発表されています。
世界保健機構(World Health Organization)へのリンク

| | コメント (0)

2004/06/11

当院へのアクセス

心斎橋筋商店街にあります。

大阪市営地下鉄・心斎橋駅下車、②出口からクリスタ長堀(地下街)を東へ50メートル行き、左手に見える「北8出口」から地上へ出て、心斎橋筋商店街を北へ向かって下さい。

3筋目を通り越してすぐ左手、角から2軒目の「心斎橋青柳ビル」の4階にベーネ南船場治療院があります。

「ベーネ治療院」の赤い看板が目印です。


ベーネ南船場治療院
大阪市中央区南船場3-9-4 心斎橋青柳ビル4階
℡ 06-6251-1820

MAP
当院周辺の地図です。
クリックで拡大します。

| | コメント (0)

治療をお考えの方へ

あなたの諸症状を胃腸から治療する
今、大注目!胃腸がよろこぶ治療院

当院の特徴

■ あえて、時間制をとっておりません
理由は、どのコースを選んでいただいても、時間にとらわれず、ゆっくりと治療を受けていただきたいからです。
料金は、技術難度と治療機器によって決められております。
■ 毎日が違う治療です
あなたの体はその日その時によって体調が違います。当然、治療も毎回変わります。その時の状態を確認し、最適な治療を施しています。従って、当院には初診料はございません。毎回が初診です。
■ 漢方と同じ診察診断法
あなたの体は、肩や首、腰や膝だけでなく、内臓や神経にわたってストレスにさらされています。漢方で用いられる、脈、顔色や舌などを見る診察診断法でその原因を探り当てます。
■ 漢方の配合に照らし合わせた治療法
針灸のツボは、漢方の生薬配合と同じ中国伝統医学の理論で構築されています。当院では、漢方と同じ治療理論でツボやマッサージを選び、治療しております。
■ そして、胃腸から体をととのえます
どのような症状でも患部を治療するだけでなく同時に胃腸を整えることによって、更に治療効果が増し持続します。


治療コース

○¥4,000 (院長指名+¥1,000)

患者様のご希望に沿った治療法を組み込んだ、オンリーワン・プログラムを、伝統医学の診察法でお作りいたします。当院スタッフは針灸師、マッサージ師、柔整師の資格を持つプロです。
針灸・推拿(中国式ソフトマッサージ)、足裏刺激、ソフト整体(カイロ)、気功ストレッチ、1/fゆらぎ操体、伝統医学養生法、リハビリ、正骨処置などをミックスして治療いたします。


予診票

下のアイコンをクリックすると予診票がダウンロードできます。
WordファイルとPDFファイルがあります。内容はまったく同じです。

予診票ダウンロードwordファイル(60KB)


予診票ダウンロードpdfファイル(66KB)

私どもの予診票は内容が盛りだくさんです。男性用が6ページ、女性用が7ページあり、お身体や生活環境について事細かにお聞きします。たくさんの情報をいただいて、その分しっかりと治療に役立てようとしているうちに今のスタイルになりました。

通常は、初診でご来院の際に書いていただいていますが、プリントアウトしてあらかじめ記入したものをご持参いただいてもかまいません。多少は時間の節約になります。
考えながらゆっくり書きたいという方もどうぞご利用下さい。
もちろん、来院時に書いていただいても何ら変わりはありません。

| | コメント (0)

トップページ | 2004年8月 »