2017/12/10

土と内臓(微生物が作る世界)

 ふかふかな土、みみずがうごめく。虫たちが作物をかじる。太陽をいっぱいあびた野菜や穀物が収穫できる。

 有機野菜のイメージがこの本によってより確信をおびて身近に感じるようになりました。

 「土と内臓」(微生物が作る世界) Dモンゴメリー、A・ビクレー著 築地書館 を読みました。

 地質学者と生物学者の夫婦の共著。荒地の庭が、わら、コーヒーのしぼりかす、牛糞、落ち葉などにより2-3年かけて黒いふかふかの庭になりました。硬い土が、ゆっくり栄養豊富な土に変わっていくさまを想像するだけでも興奮しました。

 植物と土の中の微生物は、生物学的な取引関係を営んでいます。それが、植物の防衛機構として機能します。それにより、植物は、土からの栄養をたっぷり吸収しています。有機野菜や作物は、昔の味がして美味しいといわれる所以です。

 今は、多くの作物が化学肥料、農薬により、土と微生物たちとの取引関係が悪化し、それを補う意味で遺伝子組み換えという方法により収穫をたかめる方法が注目されているのが実情です。

 美味しい野菜や作物を食べているわたしたちのからだはどうなっているのでしょうか?食べた物が胃から腸に送られ腸内細菌群を活発化させます。栄養は、腸から吸収され人の体がつくられます。食べたものが人の血となり肉となり外敵(ウイルス,細菌)から身を守る免疫機能を保っています。作者の妻は子宮頚がんを発症するにあたり免疫システムと腸内細菌と密接につながっていることに気づきました。虫と共存する土の世界とひとの内臓の腸内細菌群の免疫システムが重なってみえました。

 土に栄養を与えれば土がわたしたちを養い続ける世界。身体だけではなく、心と精神、生命と健康の根本は、微生物の営みであると作者はいいます。


 我が家の冷蔵庫の野菜室のなかには、2週間以上前に届いた有機野菜がはいっています。水に漬けると届きたてのようにシャキッと生き返ります。生きている野菜。土の中から吸収した微生物と栄養が細胞の単位のなかにもゆきわたっていると感じる瞬間であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土と内臓

 ふかふかな土、みみずがうごめく。虫たちが作物をかじる。太陽をいっぱいあびた野菜や穀物が収穫できる。

 有機野菜のイメージがこの本によってより確信をおびて身近に感じるようになりました。

 「土と内臓」(微生物が作る世界) Dモンゴメリー、A・ビクレー著 築地書館 を読みました。

 地質学者と生物学者の夫婦の共著。荒地の庭が、わら、コーヒーのしぼりかす、牛糞、落ち葉などにより2-3年かけて黒いふかふかの庭になりました。硬い土が、ゆっくり栄養豊富な土に変わっていくさまを想像するだけでも興奮しました。

 植物と土の中の微生物は、生物学的な取引関係を営んでいます。それが、植物の防衛機構として機能します。それにより、植物は、土からの栄養をたっぷり吸収しています。有機野菜や作物は、昔の味がして美味しいといわれる所以です。

 今は、多くの作物が化学肥料、農薬により、土と微生物たちとの取引関係が悪化し、それを補う意味で遺伝子組み換えという方法により収穫をたかめる方法が注目されているのが実情です。

 美味しい野菜や作物を食べているわたしたちのからだはどうなっているのでしょうか?食べた物が胃から腸に送られ腸内細菌群を活発化させます。栄養は、腸から吸収され人の体がつくられます。食べたものが人の血となり肉となり外敵(ウイルス,細菌)から身を守る免疫機能を保っています。作者の妻は子宮頚がんを発症するにあたり免疫システムと腸内細菌と密接につながっていることに気づきました。虫と共存する土の世界とひとの内臓の腸内細菌群の免疫システムが重なってみえました。

 土に栄養を与えれば土がわたしたちを養い続ける世界。身体だけではなく、心と精神、生命と健康の根本は、微生物の営みであると作者はいいます。


 我が家の冷蔵庫の野菜室のなかには、2週間以上前に届いた有機野菜がはいっています。水に漬けると届きたてのようにシャキッと生き返ります。生きている野菜。土の中から吸収した微生物と栄養が細胞の単位のなかにもゆきわたっていると感じる瞬間であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/27

昇段試験

 足元に赤い小さなもみじの葉。やっとわたしの中で秋を感じました。

 夏の終わりに1級が受かった勢いで、24式簡化太極拳の初段受験をエントリーしました。3ヶ月間、初段の試験のために費やしました。

 1級と違い学科試験もあり何十年ぶりの試験。この年齢になるとなかなか覚えることが難しいのを実感。何度も書いてお風呂の中で呪文のように唱えてみたり。久しぶりに頭が活性化しました。

 めざめたらベットの上で準備体操。朝の家事がすんだら家の前で練習。はり治療の合間に歩法をやってみたり。幸いなことに、はり治療のはりを刺入する際の歩法が、武術の太極拳と同じなので、力の入れ具合、重心移動は参考になりました。

 試験前日一日講習では、自分の思い込みの動作を修正してもらいました。この時点ですでにくたくたでした。

 当日、緊張であまり寝れなかったので、早く起きてはり治療を自分にしました。寝れない、腎虚、足に重心がのりにくいのをこれまで何度も経験していましたから。

 翌日の通勤途中にやっと紅葉が目にしみてみえました。くたくたは3日以上続いています。3ヶ月の緊張がゆっくり解けているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

犬のアレルギー

 小さな腕にちくり、小さな足にちくり、そのたびに腕や足がぴくりと動き、最後は必ず逃げ腰の体勢になる。目の前のおやつは食べたいにもかかわらず。

 我が家のヨーキー(8歳メス)はアレルギーもちと診断されました。毛のすきまからふけが増えてきたので獣医さんにみてもらいました。どうりでよくかゆいかゆいと身を捩じらせたり、後ろ足で背中を搔いたりしていたわけです。

 トリミングで毛を短くしてもらうと、ふけの部分と小さくおできのような盛り上がったところとがありました。どこかでみたような・・・。人の湿熱系のアトピー性皮膚炎のように見えました。ロングへァーにアトピーの肌。処方してもらった薬は抗生剤。飲むと一時的にふけやアトピーは治まりますが止めるとまたでてくる。人と同じような繰り返しになると思い薬は止めました。

 ならば、はり治療をしよう。

 動物病院でもはり治療をしているところがあるそうです。わたしの方がうまいはず。

 という訳で、おやつを目の前において、さわぎそうになったらそれを口に入れて、はり治療をやっています。皮膚が白かったのに、今は赤っぽい。皮膚が以前より熱っぽくなっているようです。子供を前向きに抱くようにして、おなかの肝臓辺りの皮膚に小児はり。肘のそばの曲池穴や足三里とおぼしきところにはり。上手に入れるとおとなしい。ちくりとするとがさがさ動く。

 ドッグフードも少しずつに肉類から魚類に変えてみたり。湿熱を呼ぶものを控えるようにしているところです。人を治療しているなら、犬の治療もできるかな?

 深まる秋に犬の患者が一匹増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/30

「トリプル・ビル」 地主薫バレエ団公演

 ロマンチックな「ショピアーナ」、青春の輝きを放つ「卒業舞踏会」、オリエンタルの香りが漂う「韃靼人の踊り」。三部からなる「トリプル・ビル」2017 地主薫バレエ団公演に行きました。

 芸術の秋ながら、雨にふられること半月。待ち焦がれていたバレエ公演もまた雨。

 第一部、ショピアーナとは、フレデリック・ショパンのピアノ曲を管弦楽に編曲したバレエ音楽。レ・シルフィールドともいいます。物語はなく、若き詩人が、月夜の森の中を散策した中での幻想の世界。青白い月の光が、風の精を呼び寄せます。生のオーケストラが奏でるショパンの調べ、お砂糖をとろけさせたようなロマンチックな情景にうっとり。夢の世界に引き込まれていきました。

 第二部、卒業舞踏会。ウィーンの寄宿学校の女子生徒たちはかしましい。何事にも興味津々です。仕官候補生たちがやって来るのもわくわくどきどき。大人たちの恋の行方も気になってしかたがありません。社会に出る前の何でも許せる少女時代は、過ぎてみて初めてわかる宝物のような時間です。日本でよく言われる、箸がころげても可笑しい年頃を、ヨハン・シトラウスの調べにのせてコミカルだけでなく格調高く表現してくれていました。もう一度そんな頃にもどってみたいと思いました。

 第三部、韃靼人の踊り、歌劇「イーゴリ公」より。韃靼(だったん)とは、タタール、今のトルコ、ソビエト、モンゴル、イラン(ペルシャ)辺りの地域です。略奪されてきたペルシャの女たちがコンチャク汗の前で踊らされます。西洋と東洋が交わるかの地で、踊りに違いがあることに気がつきました。どこかオリエンタルの香りがしました。

 戦士や男たちの踊りに勢いがあり、汗と泥のにおいがしました。腰をかがめて縦横無尽に列を組み踊る男たち、女たち。大太鼓とシンバルの地鳴りのような響き。人と音のせめぎ合いは最高潮に。合わせて合唱団が舞台を盛り上げ、印象に残る幕引きとなりました。

 芸術の秋にふさわしいトリプル・ビル三部。生のオーケストラを聴きながら、若い踊り手さんたちの一年の成長を鑑賞できるしあわせに感謝したいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«晴れやかな顔