2017/09/17

台風とはり治療

 動かない。動かない。からだの動きが遅い。
 
 台風が明日大阪にやって来るという日。来院されてきた患者さんは軒並み1時間半という長丁場の治療でした。

 台風と秋雨前線の影響で窓の外は雨。湿度80パーセント以上。雨の湿気に夏ばてのからだ、停滞する水分が動きを悪くしている原因でした。

 ラジオやテレビでは河川の氾濫、土砂くずれに注意、あふれた水路などには近づかないよう、また早めの非難指示などが注意喚起されていました。

 人のからだにも同じようなことが起こっていました。台風接近に呼応するかのように、からだの中も湿熱という土砂が肝臓周辺にたまり、胃腸は湿気が停滞し手足、顔、まぶたををむくみという形に変えて出しています。腎臓のろ過機能の減退も相乗効果を上げてさしずめ、湿気(水)の氾濫したからだ。テレビラジオそしてからだから発する情報がおおかたで一致しているのが面白いと思いました。

 しかし、動かないのはいけません。湿熱の土砂を太目のはりですくい取り、
次に、腎臓辺りの水の氾濫を、通りを良くしながら蒸発(気化)させ、胃腸の湿気は、消化液を出して代謝をよくせよと、はりをして脳から命令を出させます。

 台風という暴風雨を前に、多くの患者さんのからだが天地のはざまで行き場を失いそうになっていました。

 水路点検、溜まった土砂を取り除く。防災のいろはをはり治療でも行ってるのです。

 時間をかけてやっと調整できた患者さんには、小豆もしくは小豆茶、コーン茶、なつめなどで湿気抜きをして下さいと伝えました。

 水の備えはできました。暴風はやり過ごすしかないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

平城宮跡

 奈良の唐招提寺から薬師寺を秋篠川に沿って歩きました。大和西大寺駅にもどって平城宮跡を延々半周で、夏ばてのからだはギブアップ。

 その日の朝は、からだが重くできたら一日ごろごろしていたい感。暑かった夏の日は、元気を出して仕事に行っていたのに、暑さが一息ついたところで夏ばてでしょうか?

 秋篠川の水量はほどよく、吹く風にとんぼが飛んで秋の気分。足の重たさのため目的地徒歩15分がかなり長く感じられました。このコースは、40年前の住み込み内弟子時代の自転車散歩コースでした。

 唐招提寺の金堂のひなびた茶色は記憶のままで、薬師寺の東塔が解体修理のため見れず、40年前にはなかった西塔が復元されていました。

 平城宮跡は、朱雀門と金堂が目新しく、あいかわらず何もない原っぱのままが往時をしのぶのに都合がよく、何もないから何でもあるようで想像は無限大です。若草山が近くに見え、青い空と緑の草木が上下左右360度のびゆー。一緒にきた娘は、スマホでそれを撮って喜んでいました。

 20年前、子供が小さかったころ、春になると弁当とボールを持って一日中遊んだ話をしました。ボールがスマホに変わったものの、子供のころと同じように自由の羽を伸ばしていました。

 一日中歩いて、最後の平城宮跡半周で疲れてしまいました。ところが、歩き回ったせいか、夏ばてのからだのだるさがとれて足が軽くなり、娘は、足のむくみが最後の半周でとれたと言っていました。

 夏ばてでも足を動かすと胃腸が動きます。それについで、水分代謝が活発になりからだの調子が良くなるのを自ら確認しました。

 平城宮跡には、20年、40年などまったく気にしない、時間経過を考えることすら忘れてしまう無の世界があるように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/30

赤ちゃん

 ピンク色の肌、絹のような光沢、透き通るような透明感、ぷるぷるのほっぺ。ぷくぷくのわっかの手首。小さな親指をちゅうちゅう。

 ベーネ治療院に6ヶ月の女の赤ちゃんがきました。針治療するお母さんに連れられて。

 ずっと自分が追い求めているものを目の前で見ているようでした。針治療は、不老長生を目指しています。体調をくずした患者さんに針をします。ストレスがたまっていれば、肝臓辺りの血流を良くしたり、胃腸がつまっていれば消化液を出す穴に針をする、風邪をひいているなら体力を上げて風邪を追い出すなど。腰痛には、痛み止めと合わせてその原因の治療をします。

 すると、赤ちゃんの肌つや、ぷるぷる、ぷくぷくの感覚が顔色、皮膚、筋肉に現れてきます、。細胞に新しい血液が流れ込み、新陳代謝が盛んになってきていることがわかります。

 元気のかたまりの赤ちゃんを、今更ながら驚きと羨望の目で観察できた至福の時間でした。20数年前の3人の子育ての時は、見ている余裕もなく嵐のように過ぎ去りましたから。

  赤ちゃんガ帰った後、ほっぺを触った感触、肌の色調、すべてが頭の中に刷り込まれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/21

はっか油

 はっか油を買いました。 

 今年の夏は、西日本の猛暑、東日本の低温多雨と東西できれいに分かれました。大阪の今日の予想最高気温、35度、東京の28度に比べて温度差7度。暑さの思いあまってスースーのはっか油を買い求めました。

 水に数滴たらしてミント水(はっか水)を作り首筋や胸にひとふき。スースー。コップに水をいれ数滴。口をすすぐとスースー。少し飲むと、のどの奥でスースー。からだの五感のうち嗅覚、味覚に涼しさがただよいます。お風呂に入れてもスースー。皮膚からクーラーとは違う涼しさが感じられます。

 はっか油は、和種(日本はっか),洋種(ペパーミント)、緑種(スペアミント)の三種類に大別。涼感だけではなく、殺菌、消臭、制汗、害虫忌避効果、さまざまな食品にも使われています。

 今年の夏に仕上げないといけない宿題のため、頭皮にミント水をすりこみ、頭スースーを加えて、朝から机の前に。10時をこえると33度、ここでクーラーと思いつつ、ミント水で口をすすぎ汗まみれになっております。口から鼻にぬける清涼感、子供のころに食べたクールミントガムを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/02

苦味まつり

 有機野菜の宅配が届きました。

 子供が食べ盛りのころは毎週頼んでいたのに、今は家族3人。2-3週に一度の宅配。たくさんの野菜が入っていました。ゴーヤ、ピーマン、むらさきつるな、きゅうり、モロヘイヤ、大根、おくら、レタス。

 ゴーヤの苦味は予想していましたが、むらさきつるなの苦味とねばり、大根も苦い。ピーマンも苦味が予想されます。

 夏の暑さは、心臓に多大な負担をかけてフル回転しています。

 夏野菜たちは太陽をいっぱいあび苦味をおびたものが多くなります。それを食べる人間には、心臓あたりをやわらげその負担を軽くするといわれています。夏の緑茶もまた苦い。ビターチョコレートなども同じく効果的です。

 野菜室に出番を待つ緑の野菜たち。家族の体調に合わせてメニューを考えることが暑い夏を乗り越える秘訣になるかと思います。

 苦味をとるのが夏の養生でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハワイアンミュージック