2017/10/19

北斎、HOKUSAI

 青と白の大きな波、誇張されたおなじみの水しぶき、小さいながら富士山が威容をはなち、船が果敢に波に挑む。

 三度目の正直で北斎展に行けました。一度目は、平日の昼間にもかかわらず長蛇の列。二度目は、開館15分前でチケット売り場でさえも混み合って断念。三度目は、前売り券をあらかじめチケット屋で買い求め、開館40分前に並びました。日曜日でもあり、9時半と早めの開館で待たずに入場できました。

 美術の教科書でおなじみの富嶽三十六景のThe Great Waveこと神奈川沖浪裏。1メートル以内の至近距離。小さいサイズなのに瞼から脳に直接大きく投影され、それが想像どうりの大きさに膨らみました。

 人の手指のような水しぶき。一度見たら忘れられません。北斎の誇張かしらと思っていました。五千分の一秒の高感度カメラにあのしぶきが写っていました。北斎の眼力のすごさに驚かされます。

 圧巻は、よわい九十歳の正月の作。「雪中虎図」。天に向かって上らんとする虎。愛らしく微笑む姿は、北斎翁に重なりました。もっと極めたい何かを見出し、その喜びに満ちた表情が足取りを軽やかにさせているのでしょうか?虎の表情はわたしを癒してくれました。。翁はこの数ヶ月後に無くなります。

 落款は、朱色の百の一文字。百のおもいは如何(いかん)?

 北斎の余韻にひたりながら会場を出ると、待ち時間90分と係りの人が叫んでいました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

ホセ カレーラスの自制 2

 胸いっぱいに膨らませ伸びやかなテノールが会場にひびきわたる。「椿姫」(乾杯の歌)。拍手喝采が鳴りやみません。 

 あらためてホセ カレーラスの歌声を聴いてみました。よどみなく、長くながく、申し分ない声量。高音低音割れず、痰の濁音ない。となると食事の自制はいつも完璧か?

 天候の読みはどうでしょう?世界を飛び回る公演の日々は最も注意しなければならないはずです。地元日本人でさえ季節の変わり目は体調を崩す人が多いところです。このところの28度の高温の日は、暑気に近い養生を要求されるでしょう。服も半そででだいじょうぶ。すこしからだを冷やす食べ物でもかまいません。おくらや胡瓜、茄子、季節のくだものの酸味も必要です。梨、りんご、みかんなど。但し、せきをしている時はみかんはいけません。

 雨の日は、日本の梅雨と考えて、湿気を飛ばすために生姜やにんにくを料理に使ったり、ゆで小豆で利尿作用を強めたり。

 飛行機で日本入りしていきなり秋本番の気候(10月20日過ぎ)なら、空気の乾燥と冷気のために肺に直接影響します。のどのいがいが、喉痛、かすれ声など。また、風邪をひくことも許されません。枯れた肺を潤すために、はり治療では、尺沢という肘の前面の穴に針を打ち肺とのどを潤します。かりんをはちみつに漬け込んだかりんジュース、大根をさいころ状に切ってはりみつに即席に漬けたはちみつ大根などがこれにあたります。食べ物も、カレーのピリ辛味より、酸味をいれたものが良いといわれています。ワインをのんで食事をするのも良い方法です。また、豚肉、すっぽんを食べるのが燥季の養生です。

 ヨーロッパの秋は、乾燥がひどく皮膚もかさかさ。たっぷりの保湿剤をつけてはだの潤いを保つと聞きました。秋にきっと強いであろうカレーラスの大阪フェスティバルホール公演は、万全の体制でのぞめることでしょう。公演に行きたかったのですが、仕事のある土曜日でした。残念。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/28

ホセ カレーラスの自制

 70歳のカレーラス、極意は「常に自制」

 9月29日朝日新聞夕刊の大物歌手特集の中の見出し。ホセ カレーラスといえば3大テノールの一人。11月にシンフォニーホールでコンサートの予定です。

 舞台に立ち続ける秘訣は、「自制すること。良くない物を避け、正しい飲み物や食べ物を正しい時にとる。公演前は話しすぎない。わたしたちの楽器は声帯なのです。これは、空調、空気汚染、時差などあらゆるものに影響をうけてしまう。楽器のようにケースにしまうことができない。わたしたちのからだの中にあるのだから自制とプロフェッショナルな姿勢が必要です」と語っていました。

 自制とプロの姿勢は、東洋医学の養生につうじるものがあります。11月といえば、声、のど、風邪などが気になる肺の季節です。

 さて、カレーラスはどんな自制(わたしは養生と呼びたいです)で日本の秋(燥季)を乗り切るのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

台風とはり治療

 動かない。動かない。からだの動きが遅い。
 
 台風が明日大阪にやって来るという日。来院されてきた患者さんは軒並み1時間半という長丁場の治療でした。

 台風と秋雨前線の影響で窓の外は雨。湿度80パーセント以上。雨の湿気に夏ばてのからだ、停滞する水分が動きを悪くしている原因でした。

 ラジオやテレビでは河川の氾濫、土砂くずれに注意、あふれた水路などには近づかないよう、また早めの非難指示などが注意喚起されていました。

 人のからだにも同じようなことが起こっていました。台風接近に呼応するかのように、からだの中も湿熱という土砂が肝臓周辺にたまり、胃腸は湿気が停滞し手足、顔、まぶたををむくみという形に変えて出しています。腎臓のろ過機能の減退も相乗効果を上げてさしずめ、湿気(水)の氾濫したからだ。テレビラジオそしてからだから発する情報がおおかたで一致しているのが面白いと思いました。

 しかし、動かないのはいけません。湿熱の土砂を太目のはりですくい取り、
次に、腎臓辺りの水の氾濫を、通りを良くしながら蒸発(気化)させ、胃腸の湿気は、消化液を出して代謝をよくせよと、はりをして脳から命令を出させます。

 台風という暴風雨を前に、多くの患者さんのからだが天地のはざまで行き場を失いそうになっていました。

 水路点検、溜まった土砂を取り除く。防災のいろはをはり治療でも行ってるのです。

 時間をかけてやっと調整できた患者さんには、小豆もしくは小豆茶、コーン茶、なつめなどで湿気抜きをして下さいと伝えました。

 水の備えはできました。暴風はやり過ごすしかないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

平城宮跡

 奈良の唐招提寺から薬師寺を秋篠川に沿って歩きました。大和西大寺駅にもどって平城宮跡を延々半周で、夏ばてのからだはギブアップ。

 その日の朝は、からだが重くできたら一日ごろごろしていたい感。暑かった夏の日は、元気を出して仕事に行っていたのに、暑さが一息ついたところで夏ばてでしょうか?

 秋篠川の水量はほどよく、吹く風にとんぼが飛んで秋の気分。足の重たさのため目的地徒歩15分がかなり長く感じられました。このコースは、40年前の住み込み内弟子時代の自転車散歩コースでした。

 唐招提寺の金堂のひなびた茶色は記憶のままで、薬師寺の東塔が解体修理のため見れず、40年前にはなかった西塔が復元されていました。

 平城宮跡は、朱雀門と金堂が目新しく、あいかわらず何もない原っぱのままが往時をしのぶのに都合がよく、何もないから何でもあるようで想像は無限大です。若草山が近くに見え、青い空と緑の草木が上下左右360度のびゆー。一緒にきた娘は、スマホでそれを撮って喜んでいました。

 20年前、子供が小さかったころ、春になると弁当とボールを持って一日中遊んだ話をしました。ボールがスマホに変わったものの、子供のころと同じように自由の羽を伸ばしていました。

 一日中歩いて、最後の平城宮跡半周で疲れてしまいました。ところが、歩き回ったせいか、夏ばてのからだのだるさがとれて足が軽くなり、娘は、足のむくみが最後の半周でとれたと言っていました。

 夏ばてでも足を動かすと胃腸が動きます。それについで、水分代謝が活発になりからだの調子が良くなるのを自ら確認しました。

 平城宮跡には、20年、40年などまったく気にしない、時間経過を考えることすら忘れてしまう無の世界があるように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«赤ちゃん