2018/07/13

豪雨災害と伝説の時代 舜帝

 大雨がもたらした西日本一帯の豪雨災害は、未曾有の大災害となりました。亡くなられた方々のご冥福と未だ安否のわからない方たちの一日も早い発見を願ってやみません。

 被害に遭われた皆様と紙一重の差で害を免れたわたしたち。大雨の脅威は、未明の雨音で目を覚ますくらい激しいものでした。

 中国の伝説の時代、(三皇五帝の時代)、中国でも黄河や揚子江が何度も大雨と洪水で氾濫を繰り返しました。伝説の時代の尭(ぎょう)は、舜に位を譲り、国は更に栄えたといわれています。しかし、黄河や揚子江の氾濫の際には治水工事がうまくいかず、舜は水を制することはできないといわれました。次のう帝の時代は、よく治水はできたとされています。

 そんな時代を経て、はり治療が確立されていきます。人のからだの経絡(気、血、水のエネルギーが流れるたてラインの流れ)を中国の12本の川に見立てました。川は、溢れたりつまったりするので、奇経(きけい)八脈という八本のため池をかねた流れをみつけました。12本の経絡からあふれでた川の要、不要のエネルギーを一時的にため池などに溜めて常に12本の気、血、水のエネルギーを調節します。その流れは、12本の川をまたぎ、斜めにはしったり、すべてを横に束ねたり。

 便利な奇経を使うと、ゴチァゴチァに絡んで溢れていたものさっと整います。

 舜帝が成し遂げることが難しかった治水工事。形を変え時代を超えて、はり治療の中で志が生きているという不思議を感じます。

 古来、黄河、揚子江の氾濫の記憶から、文明の進んだ現代、この西日本豪雨災害を、貴重な記録と経験を未来に残していって欲しいと思いました。現代文明の叡智からも、自然災害を最小限に止めることができませんでした。今回は異常気象も働いていると思いますが、いにしえの昔の舜帝の気苦労も相当だったでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

雨の日のたくあん色

 降り止まない雨。豪雨災害が新聞の一面を占めます。

 久しぶりの豪雨に早朝から起こされました。連続の雨降りに、洗濯物が溜まる一方です。重いからだ、お腹具合が悪いような。ついに、おなかを通してしまいました。

 今日の服装。たくあん色の黄色いTシャツをチョイス。おなかを優しく包んでゆるんだ胃腸を整えるために。朝ごはんは、小豆のおかゆ。納豆、かぶらの糠漬け。これだけでは力が出ないから、蒸したとりのささ身をいっしょに添えて。

 今日の用事は4つ。その一つ。はり治療を受けに行くことでした。先生の見立ては、胃腸の弱りの脾虚。朝の下痢と一致しました。キーポイントの穴は、太白という足の穴。お腹の調子を整え、胃腸周りの湿気を調節してくれます。わたしの選んだたくあん色のTシャツと同調するかのようなはり治療でした。

 週に一度、一番信頼のおける鍼灸師の先生とはり治療のし合いをします。自分の足らないところ、ふだんの疑問を交換して高め合うのです。人に治療してもらって自分がどう感じるかはとても大切なことです。明日からのはり治療の参考になります。

 たくあん色、雨の日には欠かせない配色の一つだと確信しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/25

横山大観展

 ゴーッと滝から水が大音量で流れ落ちる。滝つぼでは水が泡となってうごめいている。

 「横山大観展」(京都国立近代美術館)に行ってきました。平日の梅雨空とあり、ゆったり見ることができました。

 「飛泉」の辺りは瀑布の音が鳴り響くようで、静かな空間に、本来聞こえない音が交雑して不思議な感じ。絵も音を出すのか?と驚きました。大観の絵はのきなみスケールが大きい。同じ物や風景を見て切り取る視点が凡人とは違う。当時はドローンなどあるはずもなく、上からゆったり見ているような視点。小さな絵の中に、壮大、単純、山、海、空。全体を俯瞰できる能力に長けているように思いました。

 翻って、はり治療をするわたしたち。そんな観点で診ることができているだろうか?からだを見て、聞こえない音や生命の営みを感じ識別して、それを治療に具現化しているだろうか?

 どこに大観のような感性を持ち合わせているだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

洗濯機が動かない

 梅雨の晴れ間に、綿毛布やシーツを洗ってさっぱりしようと思い立ちました。

 すべてを洗濯機に入れてスイッチをオン。

 ずいぶん待っても動きません。最終表示がFb.と出る。何度繰り返しても同じ。嫌な予感。壊れた?昨日までは何ともなかったのに。

 取り扱い説明書をあわてて読み返してもFb表示の故障ページは見当たりません。しかたがないので出張修理依頼をしました。洗濯機の中は、中途半端に水にぬれた大量の洗濯物置き去り。

 「原因は中枢部基盤のエラー表示です。基盤交換をすると2万円と出張費用3600円かかります」

 あくる日の修理の人の見立てと見積もり。思わぬ出費にしばらく声が出ません。購入後6年たち保障期間切れのため、まるまるお金がかかる。洗濯できないとあればしかたがない。基盤部品交換をお願いしました。

 洗濯機のなかで今回故障した場所は回転軸。人にたとえると心臓。指令する脳は異常がなかったそうです。異常があれば、スイッチを入れても電源がつかない。大きな基盤はこの2箇所。回転軸の部品交換は、心臓移植にあたるそうです。洗濯機を横倒しにして底の部分の入れ替えを一部始終見ていました。数十箇所のボルトをはずし、大きな回転軸の部品を取替え、電気系統の配線をやり直し、また元通りのもどす作業は時間がかかりました。心臓移植をやり終えた洗濯機は、試験運転を経て作業終了。

 はじめは高いと思っていた修理費も、一連の作業と説明、人間にたとえてもらって気持ちよく支払うことができました。初めは、修理と買い替えで悩みました。買い替えになると別人が洗濯機置き場に居る状態。この洗濯機の初めての修理(初めての病気に心臓移植)で命が数年延びるなら、まぁいいかと思いました。

 洗濯機などの機械物の故障の診断と修理には、はり治療と通じるものがありました。脳という指令系統の不都合がある時は、いくつかの部品を交換して様子を見るそうです。初めの診断が大切とも教えてくれました。直らないと帰れない。治さないと(痛みが取れないと)帰せない、共に緊張感を持って仕事に取り組むところも同じでした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/11

A I

 高校生棋士藤井聡太七段が、6月5日の竜王ランキング戦5組決勝にて、AI(人工知能)の予測を覆して勝利したとテレビニュースで知りました。

 ファンの間では、AIを超えたと話題になっています。これについて藤井七段は、「人間であればその場面で条件を整理してそれに沿った手を考えるもの。その中で導き出された手だった」と昇級昇段を祝う会で答えていました。

 話を針灸にあてはめてみました。

 鍼灸の古典、黄帝内経素問霊枢(こうていだいけいそもんれいすう)や難経(なんぎょう)、傷寒論(しょうかんろん)、鍼灸大成、その他あらゆる鍼灸の知識をAIにデーターとして放り込む。そして、わたしたち鍼灸師が毎日取り組む治療でどれだけ患者さんの病気や訴えを満足させられるか?と考えてみました。

 「人間であれば、その日その時の気候条件、患者さんの精神状態、仕事状況、家族、食事、病歴、脈や舌、顔色、声、匂いなどを整理して、それに最も適した一手を考えるもの。針の太さ、刺す深さ、響きぐあい、顔色の変化、刺激の量、時間、からだの変化、導き出す手は誰一人同じではありません」

 AIに古典を放り込んだとしても、解釈が難解です。データーを入れる前に膨大な編纂過程が生じそうです。誰もこれまでにやったことはありません。

 あまりにもたくさんすぎる情報。一人の人間が一生のうちで1つその真理(データーの簡略化)を見つけるという方法で何代にもわたって向き合ってきた人たちがいます。データーの圧縮です。

 ベーネ治療院で行うはり治療は、一人のグランドマスターにより伝承された古典のデーターの圧縮という形で伝承されたものです。

 AIを超えたといわれる藤井七段ほどの頭脳の人が、何十代かけて創り上げたものを受け取るこちら側が頭を抱えています。

 ちなみに一つの圧縮されたデーターを解きほぐすと、何百何千とおりの回答があるようです。またまた頭を抱えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雨の前に 2